NPOブックスタート Bookstart Japan

自治体の方へ

「ブックスタート・パック」の内容

ブックスタート事業でお渡しする、「絵本」や「地域の資料」などを組み合わせた「ブックスタート・パック」。写真はその一例です。絵本は必ず入りますが、絵本のタイトルや冊数、資料の種類、布製バッグの有無など、パックの内容は自治体ごとに異なります。
ブックスタート・パックを構成している、主な4つのアイテムをご紹介します。


絵本
 

赤ちゃんと保護者が、家庭ですぐに絵本をひらいて楽しめるように、パックには「絵本」が必ず入ります。絵本のタイトルと冊数は各自治体で決められ、多くの自治体では、図書館等が作成した絵本リストを一緒に手渡しています。
写真は、各地のブックスタートで手渡される絵本の候補となる「ブックスタート赤ちゃん絵本」30タイトルです。
3年に1度開催する「絵本選考会議」で、赤ちゃんと絵本の関係について豊富な知識と経験を有する5名の委員が、選考基準に基づき、公平・中立的な立場で意見を交わし合い、選出しています。選考会議はNPOブックスタートが主催しますが、選考は委員の独立した判断によって行われ、出版社や当NPOの意向が反映されることはありません。「ブックスタート赤ちゃん絵本」について詳しくは、読みもの「ブックスタートでお渡しする絵本」をご覧ください。

 

アドバイス ブックレット「赤ちゃんといっしょに はじめまして 絵本」
企画・発行 NPOブックスタート / 構成・絵 スギヤマカナヨ

「赤ちゃんと絵本を開く時間の楽しさ」を伝える冊子です。赤ちゃんがいろいろな場面で家族と絵本を楽しんでいる様子を、イラストと短い文章で紹介しています。作成にあたっては、乳幼児発達の専門家や図書館司書、絵本編集者からのご意見のほか、地域のブックスタート関係者の声も参考にしました。アドバイスブックレットを自宅に持ち帰って読んでもらうことで、ブックスタートに参加していないご家族にも、事業の趣旨が伝えられます。内容の一部はこちら
多言語版(英語/中国語/韓国語/ポルトガル語/スペイン語/タガログ語/ベトナム語/ネパール語/※ひらがなと各言語の併記)と、点字・拡大文字版付きもございます。

 

布製バッグ

ラッコのロゴマークをプリントした、オリジナルの布製バッグ(2種類:厚手/薄手)。紙芝居が縦に入るサイズで、図書館バッグとしても活用されています。バッグを持って来館する親子と図書館のつながりが生まれたり、同じバッグを持つ保護者どうしが交流したりするきっかけにもなっています。

地域の資料

絵本リスト、図書館案内、おはなし会の案内、子育て支援情報など、各自治体で作成される資料です。

———-

ブックスタート・パックの内容は自治体によって異なりますので、詳しくは各自治体のウェブサイトや担当課でご確認ください。担当課がわからない場合やパックに関するご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせフォームよりご連絡ください。