ブックスタートとは?

赤ちゃんにとって絵本の楽しみは、読むこと(read books)とはまったく別の体験。
絵本をひらくことで広がる豊かな時間を、まわりの人と共にすること(share books)です。

ブックスタートは、0歳児健診などの機会に、絵本をひらく楽しい「体験」と「絵本」をセットでプレゼントする活動です。
抱っこのぬくもりの中で絵本を読んでもらう心地よさや嬉しさを「すべての赤ちゃん」に届けます。
赤ちゃんの幸せを願い、行政と市民が連携して行う自治体の事業です。

対象は?

事業を行う市区町村に生まれた、すべての赤ちゃんとその保護者です。

実施自治体一覧を見る

ブックスタート・パック

絵本のほか、各自治体が作成した絵本リストや子育てに関する資料も入ります。
*内容は自治体によって異ります。

「赤ちゃん、すくすく幸せに育ってね」「地域みんなで子育てを応援していますよ」という気持ちを添えて、ブックスタート・パックを手渡します。

保護者の感想

初めての絵本の体験でしたが、子どもがとても楽しそうでびっくりしました。それがわかって私も嬉しかったです。
担当の方が子どもの様子に合わせて読んでくださるのを聞いて、あまり難しく考えずに楽しめばいいんだと思えて気が楽になりました。
絵本をもらわなかったら、あまり読んでやっていなかったかもしれません。今では、子どもが一日何回も“読んで”と絵本を持ってきます。
私もゆったりした気持ちになりました。これからも続けてほしいです。

ブックスタートとは

  • ブックスタートとは
  • ブックスタートの願い
  • ブックスタートのあゆみ
  • 大切な5つのポイント
  • 実施会場の一日
  • 実施自治体一覧
ページトップへ