ブログ

埼玉県北本市 居心地のよい「こども図書館」

  2月2日(木) 埼玉県北本市にワークショップに伺いました。   こども課を事務局に、健康づくり課、子育て支援センター、図書館、生涯学習課、 そして、市民ボランティアが連携しながらブックスタートを行っている北本市。 初年度に絵本を受け取った赤ちゃんは、この春、中学生になるそうです。   2014年、市役所隣に開館したこども図書館が 親子に大変好評だとお聞きし、ワークショップ終了後、見学をさせていただきました。   北本市立こども図書館

大分県日出町 ニュースレターの取材に伺いました

  10月20日、大分県日出町にニュースレターの取材に伺いました。   日出町では、4か月児健診を担当する福祉対策課が事務局となり、 2004年度からブックスタートを行っています。   当日は快晴。健診会場には、あたたかな日差しが差し込んでいました。   計測と問診の間が、ブックスタートの時間です。 ボランティアと図書館職員が事業の説明をし、赤ちゃんの目の前で絵本ひらくと……   赤ちゃんは、優しい声がする方を探すように、時折

福岡県筑後市 ボランティアさんの笑顔が素敵なブックスタート

  8月26日、福岡県筑後市にブックスタートの見学にうかがいました。   筑後市はブックスタートを始めて13年め。 会場では、ボランティアさんが親子への絵本の読みきかせやパックの手渡しを担当し、 図書館職員が、保護者に説明をしながら赤ちゃんの図書館カードをお渡ししています。   今回の見学で特に印象的だったのは、ボランティアの皆さんが、 とても素敵な笑顔で、楽しそうに活動していらしたこと。 そして、会場に来ている親子が、ゆったりくつろいだ様子だっ

ブックスタート発案者 ウェンディ・クーリングさんが日本の活動を視察しました

7月8日、ブックスタートの発案者であるウェンディ・クーリングさんが 千葉県鎌ケ谷市のブックスタート会場を視察しました。   今回で4回目となる「子ども・社会を考える」講演会シリーズの講師として、 イギリスから来日したクーリングさん。 子どもの本の専門家であるクーリングさんは、大変活動的な方で、 世界各国を訪れていますが、日本にいらしたのは今回が初めてです。   鎌ケ谷市では4か月児健診でブックスタートを行っていますが、 どの赤ちゃんも、ボランティアさんのに

兵庫県芦屋市 ブックスタートの見学に伺いました

5月24日、兵庫県芦屋市にブックスタートの見学に伺いました。   芦屋市では、2010年度より4か月児健診で活動を行っています。 保健師さんは、講話の中でブックスタートについて紹介。 図書館員さんとボランティアさんが、 待ち時間を利用して絵本の読みきかせを行っています。     待合スペースに読みきかせコーナーを設置。 お兄ちゃんお姉ちゃんが一緒に絵本を楽しんでいる様子も見られました。   当日は、職場体験で図書館に来ていた中学生が、会

埼玉県杉戸町 ブックスタートがはじまりました!

この4月にブックスタートを開始した 埼玉県杉戸町から、 町のwebサイトに、 初回のブックスタートの様子が掲載されたことを教えていただきました。 https://www.town.sugito.lg.jp/cms/page9350.html   事業開始に先立ち、関係者の皆さんが集まり、 ワークショップを開催したり、 ボランティアさんどうしで、ブックスタート・パックを手渡す練習をするなど、 丁寧に準備を重ね迎えた、第1回目のブックスタート。   赤ちゃんの

北海道三笠市 若者の移住・定住を促進する施策として

北海道のほぼ中央に位置し、豊かな自然に恵まれた三笠市。 かつては炭鉱で栄えていましたが、 現在人口は1万人を切り、昨年の出生数は約40人。 人口減少が大きな課題となっています。   そうした状況の中、市では若者の移住や定住を促進するために、 子育てを応援する様々な施策を行っています。 ブックスタートもそのひとつ。 4か月児健診で、地域のボランティアさんの力も借りながら、 一人ひとりの赤ちゃんに絵本が手渡されています。       &nb

栃木県鹿沼市 図書館でブックスタートの企画展示

栃木県鹿沼市から、図書館で行われた ブックスタートの企画展示の写真を送っていただきました。   様々な年代の方が訪れる図書館。 赤ちゃんのいるご家庭の方以外にもブックスタート事業を お知らせするために企画されたそうです。   図書館員さんの、あたたかな思いが伝わってきますね!(K)  

石川県能美市 笑顔あふれるブックスタート

12月10日、石川県能美市に伺いブックスタートの様子を見学しました。   能美市では、10か月児相談の際に活動を行っています。 開始前の待ち時間で読みきかせをし、 集団指導終了後、事業の趣旨説明やお渡しする絵本の紹介などを 一組一組の親子に丁寧にしています。         ブックスタートのロゴマーク、ラッコのエプロンをつけた図書館員とボランティアさんは、 どなたも素敵な笑顔の持ち主です。 皆さんが優しく赤ちゃんに語りかけると

北海道恵庭市 ニュースレターの取材に伺いました

12月1日、北海道恵庭市にニュースレターの取材に伺いました。   2001年4月の事業開始から15年目を迎えた恵庭市。 初年度に絵本を受け取った赤ちゃんたちは、現在中学3年生です。 恵庭市の取り組みは、これまでにも 書籍 『赤ちゃんと絵本をひらいたら ブックスタートはじまりの10年』 などで紹介していますが、 会場のあたたかな雰囲気は、今も昔も変わりません。     「ブックスタートが始まって15年といっても、決して長くは感じていなくて、 むしろ

«...34567...10...»
ページトップへ