ブログ

<コロナに負けない! その6>距離を保って読みきかせ~埼玉県三芳町

  埼玉県三芳町では、3月以降休止していた4か月児健診とブックスタートを、7月に再開しました。   再開にあたり、事務局である図書館の皆さんが意識したことは、保護者にも、ボランティアさんにも、安心してブックスタートに参加してもらえるようにすること。 それに向けてのシミュレーションが、繰り返し行われました。   消毒や部屋の換気、マスクの着用などは徹底することにしましたが、課題になったのは、赤ちゃんへの読みきかせの「距離」です。 まだ視力が十分でな

<コロナに負けない! その5>市民とアイデアを出し合い、今できることを~千葉県柏市

  2002年より、子育て支援事業の一環として、1歳6か月児健診でブックスタートを実施している千葉県柏市。   ◇柏市の活動について詳しくはこちら はぐはぐ柏 ブックスタート紹介ページ    柏市ブックスタートの特徴は、行政3課(地域保健課・子育て支援課・図書館)と 市民ボランティア「柏ふれあいブックスタートの会」が一体となって事業を運営していること。 ボランティアと職員による「運営委員会」を定期的に開催し、それぞれの立場からアイデアを出し合って

<コロナに負けない! その4>保健師さんからのメール~鳥取県鳥取市

  緊急事態宣言の解除に伴い、ブックスタートを再開する地域も増えてきています。   先日、鳥取県鳥取市の保健師さんから、近況についてメールをいただきました。 鳥取市では、6か月児健診の際に、市民ボランティア、保健師、図書館司書の三者が協働しながらブックスタートを行っています。   1か月間休止した健診とブックスタートは、5月18日に再開。対象者の来所時間を事前に指定し、人数を分散するなど、健診実施にあたってはさまざまな対策を立てられたそうです。ブ

<コロナに負けない! その3>紙芝居動画で「ようこそ ブックスタート」 ~福岡県宗像市

  福岡県宗像市では、4か月児健診でブックスタートを行っています。 いつもは、図書館司書とボランティアの皆さんで親子を出迎えていますが、新型コロナウイルスの影響により、現在は司書さんのみが会場に出向き、ブックスタート・パックをお渡ししています。   残念ながら読みきかせはできないけれど、赤ちゃんとの絵本の時間について、できる限り丁寧に紹介したい! そう考えた司書の皆さんが、知恵を出し合う中、オリジナルの紙芝居が出来上がりました。   タイトルは「

<コロナに負けない! その2>わらべうた動画で親子のふれあいを応援 ~埼玉県和光市

  埼玉県和光市では、4か月児健診を受診する赤ちゃんを対象に、図書館でブックスタートを実施しています。 いつもは絵本をプレゼントする際、読みきかせとあわせて、わらべうたも紹介し、 親子のふれあいを応援していますが、今は新型コロナウイルスの影響で、それが難しくなっています。   そこで、図書館ではブックスタートの紹介動画を新たに作成。(対象者への限定公開) 読みきかせや図書館の乳幼児サービス等についての説明のほか、親子のふれあいに役立ててもらおうと、 おむつ

<コロナに負けない!>ブックスタート 各地の対応 ~東京都八丈町

新型コロナウイルスの感染拡大は、収束に向かいつつある現在も、各地のブックスタート事業に影響を及ぼしています。 こうした状況にあっても、赤ちゃんのために、なんとかブックスタートを継続できないかと、各自治体では様々な行動をおこしています。   伊豆諸島、八丈島にある自然豊かなまち、東京都八丈町もそのひとつ。 八丈町では2か月に一度の3~4か月児健診でブックスタートを行っています。 ところが、今年は4月の健診は実施されたものの、ブックスタートでの読みきかせはお休みに。 そ

山梨県北杜市のブックスタートを見学しました!

八ヶ岳や南アルプスなど、雄大な自然に囲まれた山梨県北杜市。その面積は、県内一を誇ります。 12月11日、北杜市のブックスタートを見学させていただきました。   ブックスタートが行われるのは、7か月児相談。心地よい陽の光が差し込むお部屋に、親子がやってきました。 まず最初に、ボランティアさんが赤ちゃんに絵本を読みきかせ。絵本に興味津々の赤ちゃんを見て、保護者が嬉しそうにしていました。         北杜市では、8種類の絵本の中

【行ってきました!】 香川県宇多津町 県内一人口増加率が高い町のブックスタート

  日本一面積の小さな都道府県である香川県。 宇多津町は、その中でも一番面積の小さな自治体ながらも、なんと人口増加率、人口密度ともに県内1位!そんな「1」づくめの宇多津町のブックスタートは、どのように行われているのでしょうか。   ブックスタートの実施会場である3か月児健診。見学に伺った9月6日、残暑厳しい中、16組の親子が集まりました。   計測などの健診の項目を待つ間、親子に絵本を読むのはブックスタート・ボランティアの方々です。 3か月の赤ち

[VOICE] 広島県府中市 主任児童委員 神田敏治さん

取材や見学で全国各地を訪問し、お会いした方々からお聞きしたお話の中から、心に残った[VOICE]を紹介します。   ■広島県府中市 主任児童委員 神田敏治さん   『言葉はないけれど、赤ちゃんとの間に「対話」が生まれた瞬間』   ―府中市では、主任児童委員さんが、4か月の赤ちゃんに絵本を読んでプレゼントしています。最初にそのことを知った時、どう感じましたか?   神田さん  率直な感想として、4か月の赤ちゃんに絵本を読みきかせても、赤ち

ブックスタート研修会2019 開催報告(6) 事例紹介4 広島県府中市

毎年、「とても有意義な研修でした」「ぜひ次回も参加したいです」といった感想をいただく研修会。その様子を多くの方にお伝えしたい!という思いで始まった、研修会の開催報告は、書き進めていくうちに、6回の連載になっていました。 最終回となる今回の報告は、6月25日広島会場での、広島県府中市の事例紹介です。   ********   府中市からは、子育て支援センター長の正畑光代さんが登壇。 関係機関との連携を密にするための会議の様子や、健診未受診者に対し、訪問支援事

12345...10...»
ページトップへ