ブログ

愛知県西尾市 アフターコロナに向けて、新規ボランティアを募集

 
10月8日、愛知県西尾市にボランティアさんの研修でお伺いしました。
 
2011年に西尾市、幡豆町、一色町、吉良町が合併して誕生した現在の西尾市。
旧3町で行っていたブックスタートは、合併と同時に全域に拡大しました。
ちなみに旧幡豆町は2001年4月に日本で最初にブックスタート事業を開始した、12市町村の一つです。
 
旧幡豆町での実施から通算すると、西尾市のブックスタートは今年で20年目。
これまでにも取材等でお伺いしてきた地域です。
 
◇ ブックスタート・ニュースレター No.54 行ってきました! 
 
◇ スタッフブログ ブックスタートを受けた保護者がボランティアに 
 
 
新型コロナウイルスによる影響で、西尾市では現在、ボランティアによるブックスタートでの読みきかせは休止していますが、状況が落ち着き次第、再開できるよう、新たにボランティアとして活動してくださる方を募集。
応募された11名の方が研修会に参加されました。
 
 
 
 
NPOブックスタートからは、ブックスタートがイギリスで発案された時のエピソードや、地域の事例などについて紹介。
研修のおわりには、「初心に立ち返ることを大切にしたい」との思いから参加されていた、旧幡豆町時代から活動しているお二人のボランティアさんが、次のようにお話しくださいました。
 
 
・・・・・・・・・・
 
「‟読んでね” ではなく、‟楽しんでね” と伝えている、という地域の事例がありました。
活動を長く続けていると、こうした大切なことを忘れがち。
研修には毎回参加しているので、内容的には知っていることがほとんどなのですが、
改めて気付くこともあり、話を聞けてよかったです。」
 
「親子への対応は、5分ほどの短い時間ではありますが、その分、とても奥が深い活動だな、と感じています。
というのは、私たちには何気ない言葉でも、ママたちにとっては、そうでない場合もあるのです。
例えば、‟初めてのお子さんですか?” という質問は、様々な事情で答えづらい方もいらっしゃるので、
‟ブックスタートは初めてですか?” とお聞きするようにしています。
すると、‟上の子の時には、〇〇市で受けました” といったことを話してくださる方もいて、
対応の参考となることも多いのです。」
 
「新たにボランティア仲間が増えることは、このまちに、赤ちゃんをやさしく見守る人の輪が広がっていくということ。
さらには、これまで活動をしてきた私たちにとっても、良い刺激になり、とても嬉しいことです。
私も、体が動き、声が出る限り、このボランティアを続けていきたいです。」
 
 

ブックスタートの様子 2016年取材時
 
 
20年間、赤ちゃんとその保護者を、一組一組、あたたかく迎えてこられたお二人の言葉は、
その場にいたすべての人の心に、深く響くものがあったように感じます。
 
新たな仲間を迎え、21年目に向かって動き出した西尾市のブックスタート。
大切に積み上げてきたノウハウや、事業に関わられた多くの方々の思いを引き継ぎながら、
これからも、息長く続いていくことと思います。

ページトップへ