ブックスタートの願い

1992年に英国で発祥~read booksではなくshare books~

ブックスタートは、1992年にイギリスで始まりました。 絵本コンサルタントであるウェンディ・クーリングさんが、絵本を楽しんだ経験が一度もないという、ある男の子と出会ったことが、活動を発案したきっかけでした。

キャッチフレーズは、“Share books with your baby!”。
絵本を「読む(read books)」のではなく、赤ちゃんと絵本を開く楽しいひとときを「分かち合う(share books)」。そのきっかけを、すべての赤ちゃんのもとへ届けようと、この活動は始まりました。 2001年に、日本が世界で2か国目に開始して以降、世界各地にも広がっています。

家族画像

Image c Bookstart UK

2001年4月 日本でブックスタート開始

日本では、2000年の「こども読書年」を機にブックスタートが紹介されました。同年11月、東京都杉並区での約200家庭を対象とした試験実施※1を経て、2001年4月に12市町村で本格的な活動が始まり、その後全国各地に広がっています※2。

ブックスタートは、市区町村の事業として主に自治体の財源で実施されます。各地では、図書館・保健センター・子育て支援課・市民ボランティアなどが、赤ちゃんの幸せを願う気持ちを共有し、事業を運営しています。

試験実施の様子

試験実施の様子(2000年)

※1 子ども読書年推進会議(子どもの読書に関わる約280の団体・企業・個人が参加)が杉並区の協力を得て実施。

※2 最新の実施自治体状況はこちら

ブックスタートから広がる可能性

絵本を手渡す際には、あわせて子育てに役立つ情報も紹介します。
赤ちゃんと出かけられる場所や相談窓口など、具体的な情報は、親子が地域とつながるきっかけになっています。
また、笑顔で親子に接する市民ボランティアの存在は、子育てを応援している人が地域にいることを自然に伝えます。

このように、ブックスタートは、“親子のふれあい”を深める取り組みとして、また“子育て支援” “本と親しむ環境づくり” “官民協働”など、さまざまな視点を持つ事業として、可能性が見出されています。

親子のふれあい

ブックスタートとは

  • ブックスタートとは
  • ブックスタートの願い
  • ブックスタートのあゆみ
  • 大切な5つのポイント
  • 実施会場の一日
  • 実施自治体一覧
ページトップへ