「ブックスタートがもたらすもの」に関する研究レポート

NPOブックスタート編著 /2014年7月発行
本体900円+税

ご注文はこちら

「ブックスタートがもたらすもの」は何か?保護者や関係者の声、自治体でのアンケート調査等を分析し、研究レポートとしてまとめました。

  • 編集協力・第1部考察 佐々木宏子(鳴門教育大学名誉教授)
  • 編集協力 秋田喜代美(東京大学大学院教授)

内容

はじめに


第1部 絵本のひとときは、「赤ちゃん」「保護者」「親子の関係性」に何をもたらすか
(1) 赤ちゃんとの関係を育む過程を豊かなものに
(2) 絵本を介して生まれる喜び
(3) 子育ての助けとなるもの
(4) 受け継がれる絵本のひととき
(5) いっしょに生きていた証し


第2部 ブックスタートは、赤ちゃんと絵本をひらくきっかけになっているか
(1) 「赤ちゃんとの絵本のひととき」についての傾向
(2) ブックスタートが絵本のひとときを持つきっかけになったか
(3) ブックスタートでの体験は、保護者が「絵本のひととき」に対して、どのような認識を持つことにつながったか
(4) ブックスタートがより多くの家庭で「絵本のひととき」を持つきっかけとなるために考慮できること


第3部 ブックスタートは、市区町村自治体や関係者に何をもたらすか
(1) 地域の子育て環境
 1. 組織と人の連携を基盤とした子育て支援推進の枠組み
 2. 保護者と地域の人々のつながり
 3. 公共施設の設備と子育て支援活動の充実
 4. 子育てしやすい地域への愛着
(2) 母子保健事業
 1. 健診の様子
 2. 対象者の個別の状況に合わせた対応
 3. 健診受診率や満足度の向上
 4. ブックスタート後の健診内容の充実
(3) 活動に携わる人々
 1. 行政職員
 2. ボランティア


おわりに


巻末資料 アンケート調査結果(数表/自由記述)

A5サイズ 206ページ

出版物

  • ニュース
  • 書籍
  • DVD
  • 書籍3
  • 書籍4
  • 書籍2
  • 過去の刊行物
  • 注文
ページトップへ