ブログ

連載「障がいのある方への対応を考えるために」 (2)「てんやく絵本」との出合い

ブックスタートに視覚に障がいのある方がいらした場合、どんな対応をすればよいのか? 私たちは、数年前まで、その具体的な方法がわからずにいました。   そうした時にお話をお聞きしたのが、「てんやく絵本 ふれあい文庫」代表の岩田美津子さん。2012年のことです。     ふれあい文庫 代表 岩田美津子さん     岩田さんは生まれつきの全盲のため、耳でおはなしを聞くことはあっても、絵本の本来の楽しみ方は知らずに育ってこられたそうです

連載「障がいのある方への対応を考えるために」(1)読書バリアフリー その2

前回ご紹介したシンポジウム「語り合おう!読書バリアフリーのこれから」の会場では、様々なバリアフリー図書が展示され、実際に手に取ることができました。   点字つきさわる絵本、布の絵本、拡大写本、LLブック、マルチメディアDAISY、録音図書などです。         このコーナーに、ブックスタートで取り組んでいるバリアフリーとして、資料を展示させていただきました。     点字/拡大文字版 趣旨説明資料 &n

連載「障がいのある方への対応を考えるために」(1)読書バリアフリー その1

読書バリアフリー。   皆さんは、「バリアフリー」と聞いて、何を最初に思い浮かべますか? まず点字ブロックや車椅子用スロープなど、物理的な面でのバリアフリーを思い浮かべるのではないでしょうか?   しかしバリアフリーには、物理的な面だけでなく、文化や情報面でのバリアを取り除く取り組みもあります。 その一つが、「読書」における「バリアフリー」です。   今回、「読書バリアフリー」について学ぶため、シンポジウム「語り合おう!読書バリアフリーのこれから

ページトップへ