ブログ

井桁容子さん講演会 『のびやかな育ちを支える~0.1.2歳児保育の現場から~』開催報告

2017年9月9日(土)、東京・日暮里サニーホールにて、
NPOブックスタート主催「子ども・社会を考える」講演会シリーズ(5)
『のびやかな育ちを支える~0.1.2歳児保育の現場から~』を開催しました。
 
講師は、40年にわたり保育士として多くの親子に関わり、
保育や子育てをテーマとした講演を数多くされている井桁容子さん。
 
当日は、子育て支援や読書に携わる行政職員や市民ボランティア、
保育士、児童書出版社の方、一般の保護者の方など、362名の方がご参加くださいました。
 
 

 
 
講演では、新保育所保育指針のキーワードとして
「温かく、受容的、応答的に関わる」を紹介され、そうした関わりが、
子どもたちののびやかな育ちを保障するためにとても重要であることを、
保育園での子どもたちのエピソードや、学術的な研究事例などを交えて
わかりやすくお話しくださいました。
 
井桁先生は、子どもに関わる大人にとって大事なこととして、
「共感」と「表現愛」をあげられました。
 
「共感」とは同感とは違い、その人の側に立つことで生まれるもの。
また「表現愛」とは、子どもの行為を「善く観る」ことであり、
子どもが何を伝えようとしているのかを、知ろうとして、
耳も心も傾け、近づいてみるということです。
それは「かわいい」とは違い、愛おしむことであり、
子どもを尊重して、まるごと受容することだとお話しくださいました。
 
そして、子どもはいつもよく生きようとしている存在であり、
私たち大人は、それを応援する人でなければならいと述べられました。
 
参加者アンケートでは、
「これまでの行動を振り返り・見つめ直すことができた」
「大切なことを思い出した」
「明日からの子どもとの関わりに生かしたい」等の声が多くあり、
子どもたちの、のびやかで健やかな育ちを願うすべての大人たちに、
エールをいただいた講演会でした。
 
 
※本講演会の様子は、記録集として発行する予定です。
 
——————————————–
 
 
「子ども・社会を考える」講演会シリーズの、次回以降の開催案内をご希望の方は、
お問合せフォームより「講演会シリーズ開催案内希望」の旨とご連絡先をお知らせください。
(参考)今までの開催内容はこちら

ページトップへ