ブログ

ブックスタート発案者 ウェンディ・クーリング氏講演会 「すべての赤ちゃんに絵本を」開催報告

 
2016年7月9日(土)、東京大学伊藤謝恩ホールにて、
「子ども・社会を考える」講演会シリーズ第4回
『すべての赤ちゃんに絵本を~英国のブックスタートが世界に広がるまで』を開催しました。
 
主催:NPOブックスタート
後援:文部科学省/厚生労働省/国際こども図書館/ブリティッシュ・カウンシル/子どもの読書推進会議
 
———————————–
 
当日は、全国から331名の方がご参加くださいました。
講師は、1992年にブックスタートを発案した、絵本コンサルタントのウェンディ・クーリングさん。
講演に続いて、クーリングさんと佐々木宏子さん(鳴門教育大学名誉教授・発達心理学)との対談も行いました。
 
———————————–
 
<講演>
『すべての赤ちゃんに絵本を~英国の「ブックスタート」が世界に広がるまで~』
 
 

 
 
小学校の先生やイギリスのブックスタート推進団体などを経て、
現在はフリーのコンサルタントとして、
イギリス国内外で、子どもの読書推進の活動の関わるクーリングさん。
 
講演では、子どもたちと本(絵本)をつなぐときの思いや
大切にしていることについて、
子どもの頃に大好きだった絵本のお話や、ご家族とのエピソード、
英国の赤ちゃん絵本の紹介などを交えて、お話しくださいました。
 
クーリングさんは、赤ちゃんや子どもたちと本(絵本)をつなぐときには
一人ひとりの「個性」と「自由」を尊重することを、とても大切にしていらっしゃいます。
そして、本(絵本)を楽しむときには、「心」を使って気持ちを動かすことで、
本がもたらす“魔法”を体験することができるのだとお話しくださいました。
 
 

 
 
講演の終わりには、日本のブックスタートへメッセージをいただきました。
「日本は、準備のできた自治体から活動を始めるという方法をとっていますね。
そして、それぞれの赤ちゃんに丁寧に向き合いながら絵本を手渡しています。
本当に素晴らしいモデルです。これからも、ブックスタートが日本中に広がっていきますように。」
 
※講演会前日、クーリングさんは、千葉県鎌ケ谷市のブックスタートを見学しました。
見学の様子はこちら
 
—————————————
 
<対談>
『赤ちゃんと絵本』×佐々木宏子(鳴門教育大学名誉教授)
 
 

 
 
対談では、クーリングさんと佐々木さんが、
イギリスと日本で親しまれている赤ちゃん絵本を3冊ずつ紹介しました。
クーリングさんによると、『もこ もこもこ』(作:谷川俊太郎/絵:元永定正/文研出版)
のようなオノマトペと絵で構成されている絵本は、イギリスにはあまりないそうです。
佐々木さんからは、人間の声と言葉の間にあると言われる日本語の「オノマトペ」は
非常に豊かなものであることや、翻訳が難しいこと、
日本独特のものなのではないかというお話がありました。
 
そして、赤ちゃんと絵本のひとときを分かち合う(shareする )ことについて、
クーリングさんは、リラックスして気持ちを込め、自らが楽しむことが大切であること、
絵本を選ぶときには「大人も喜び楽しく読める」という視点も重要だと述べられました。
 
また佐々木さんは、
赤ちゃんと絵本をshareすると、読み手は、
音やリズム、読み手の表情などを見て喜ぶ赤ちゃんの様子から、
それまで気づかなかった赤ちゃんの個性を発見することがあり、
それが大きな喜びになることがあること、
そして、絵本を共に楽しむときには、
「あなたを知りたい、あなたとわかり合いたい」という心のこもった思いで向き合うと、
良い時間が持てるとお話しくださいました。
 
————————————–
 
このほか、ロビーには展示コーナーも。
日本とイギリスの赤ちゃん絵本や、ブックスタートでの親子の写真を展示し、
多くの参加者で賑わいました。
 
 

 
 
本イベントの内容は、記録集として発行する予定です。
 
——————————————–
 
「子ども・社会を考える」講演会シリーズは、今後も様々な分野の方をお招きして開催いたします。次回以降の開催案内をご希望の方は、お問合せフォームより「講演会シリーズ開催案内希望」の旨と、ご連絡先をお知らせください。
(参考)今までの開催内容はこちら

ページトップへ