ブログ

北海道三笠市 若者の移住・定住を促進する施策として

北海道のほぼ中央に位置し、豊かな自然に恵まれた三笠市。
かつては炭鉱で栄えていましたが、
現在人口は1万人を切り、昨年の出生数は約40人。
人口減少が大きな課題となっています。
 
そうした状況の中、市では若者の移住や定住を促進するために、
子育てを応援する様々な施策を行っています。
ブックスタートもそのひとつ。
4か月児健診で、地域のボランティアさんの力も借りながら、
一人ひとりの赤ちゃんに絵本が手渡されています。
 
 

 

 
 
三笠市の赤ちゃんたち。
雄大な自然の中で、地域の皆さんの愛情をたっぷり受けながら、
すくすく幸せに育ってね。(M)

ページトップへ