ブログ

愛知県西尾市 ブックスタートを受けた保護者がボランティアに

10月30日、愛知県西尾市にワークショップに伺いました。
 
2011年に近隣3町と合併した西尾市。
合併した3町の一つ、旧幡豆町は、
全国に先駆け、2001年4月からブックスタートを開始した自治体の一つです。
 
ボランティアを主な対象とした今回のワークショップには、
なんと旧幡豆町での事業開始初年度に、保護者として
ブックスタート・パックを受け取った方も参加!
その時、パックを手渡したボランティアさんもこの場にいらっしゃったため、
15年の時を超えた、嬉しい出会いが実現しました。
 
 

幡豆地区の皆さん

15年前にパックを受け取ったのは、加納さん(前列右)。
当時、4人目のお子さんの健診で、ブックスタートを受けられたそうですが、
今度はボランティアとして協力できればと思い、
20歳になる上のお嬢さん(後列右から2番目)と一緒にこの場にご参加くださいました。
ブックスタートで受け取った絵本は、ボロボロだけれども、
今も大切にとってあるそうです。
 
そして、その時パックを手渡したのは、加藤さん(前列左)。
ブックスタートでの加納さんとの出会いは、とても印象的で今でもよく覚えているそう。
「今日こうして再会することができて、本当に嬉しいです。
ブックスタートでは、人と人が“横”につながっていくだけでなく、
こうして時を越えて“縦”につながっていくこともできるのですね」
 
西尾市の皆様、素敵な出会いの場に立ち会わせていただき、
本当にありがとうございました!(Y)

ページトップへ