ブログ

福島県浪江町 2015年度からブックスタート再開

2008年度から、職員の皆さん、ボランティアさんが協力し、
3か月児健診でブックスタートを行っていた、福島県浪江町。
 
東日本大震災と原発事故の影響で、町全体が避難を余儀なくされ、
この4年間、ブックスタートも中断せざるを得なくなっていましたが、
2015年度から活動を再開することになったと、
町職員の方からご連絡をいただきました!
 
しかし、町として乳幼児集団健診を行うことができないため、
福島県内で生活している親子には、保健師さんが各家庭を訪問する際に、
県外で生活している親子には、出生関係の手続き書類をお送りする際に、
活動の趣旨や願いを伝えながら、絵本を届けていくことになったそうです。
 
実施方法は変わっても、赤ちゃん一人ひとりの健やかな成長を願う、
町の皆さんの気持ちは変わらないとのこと。
 
桜の便りよりも一足先に届いた、嬉しいニュースでした。

ページトップへ