ブログ

宮城県角田市 ニュースレターの取材に伺いました

2月13日、宮城県角田市にニュースレターの取材に伺いました。
 
市の東西を山に囲まれ、南北に阿武隈川が流れる角田市は、
おいしいお米と、梅、大豆の名産地。
豊かな自然の中に生まれた子ども達に、
すくすく幸せに育って欲しいという願いのもと、
3~5か月児健診でブックスタートを実施しています。
 
ブックスタートの事務局を社会福祉協議会が担う角田市では、
活動を通じて、親子と地域をつないでいくことも大切に考えています。
そのため親子には、なるべく同じ地区に暮らしているボランティアが対応し、
絵本のひとときを届けるとともに、気軽に利用できる施設があることや、
身近に子育てを応援している人がいることを伝えています。
 
 

 
 
帰り際、「もう一度、赤ちゃんを抱っこさせてもらってもいいかしら?」
と尋ねるボランティアに、嬉しそうに笑顔で応えるお母さん。
手の空いていたスタッフも一緒に、みんなで赤ちゃんを囲んでいました。
 
今日一日、赤ちゃんの瞳には、
きっとたくさんの優しい笑顔が映っていたのでしょうね。
 
 

 
 
角田市の活動の様子は、
2015年6月発行のニュースレターで詳しくご紹介しますので、是非ご覧ください。
※ニュースレターは当ウェブサイトでご覧いただけます。
 
取材にご協力くださった角田市のみなさん、ありがとうございました。(K)

ページトップへ