ブログ

福岡県添田町 ワークショップに伺いました

10月29日、福岡県添田町にワークショップに伺いました。
 
実は、当初は1週間前の10月22日に開催予定でしたが、
当日、北九州空港に向かう飛行機に機材トラブルが発生し、
滋賀県上空で、羽田空港にまさかの引き返し!
急遽、日程変更していただくことになったのです。
空港まで1時間かけて迎えにきてくださった図書館長さんを始め、
皆さまにご迷惑をお掛けしてしまい、本当に申し訳ありませんでした。
 
2002年からブックスタートを開始した添田町。
事業開始当時は、毎年約100名の赤ちゃんが生まれていたのですが、
現在の年間出生数は、約50~60人。当時と比べると約半分です。
 
赤ちゃんが減っていることは、少しさみしくも感じられますが、
その分、これまで以上に親子を応援していこうと、
町では、図書館に子育て支援コーナーを新設したり、
ベビーサークルにボランティアさんが読みきかせに行ったりと、
様々な取り組みを行っています。
 
 

図書館に新設された子育て支援コーナー
 
ワークショップの会場は、
図書館と同じ施設内にある、児童館の集会室。
今回は、添田町で長年ブックスタートを支えてきてくださった
ボランティアさんだけでなく、
子育て真っ只中の、小さなお子さんを連れたお母さんも参加してくださいました。
 
 

 
 
事業開始当初からのブックスタート担当、図書館司書の馬場さんは、
今回、こうしてたくさんの方がブックスタートに関心を寄せてくださったことを、
とても嬉しく感じられたそうです。
 
添田町の赤ちゃんたち。
これからも、町の人たちから愛情をたっぷり受けて、
すくすく幸せに育ってね。(M)

ページトップへ