ブログ

ブックスタート研修会in岡山を開催しました!

9月25日(木)、
ブックスタート研修会in岡山「出会う・つながる・語りあう」を開催しました。
 
会場は、烏城といわれる岡山城にほど近い、岡山県立図書館。
本研修会は、その開館10周年を記念する協賛事業の一つとして開催しました。
当日は、県内のみならず、鳥取県、香川県などの県外からも、
たくさんの方がご参加くださいました。
 
 

 
 
プログラムでは、プロローグとして、
NPOブックスタートよりブックスタートに関する基本情報をご紹介した後、
岡山県内の事例報告として、瀬戸内市の取り組みについて
瀬戸内市 教育委員会社会教育課・市立図書館 司書 横山ひろみさん、
子育て支援課 福田子育て支援センター 保育士 宮田宮子さんのお二方より、
紹介していただきました。
 
 

 
 
教育委員会が事務局となり、健康づくり推進課、子育て支援課、図書館と連携しながら、
ブックスタートを行っている瀬戸内市。
ブックスタート以降も、子育て支援センターで絵本の読みきかせや、
図書館司書による絵本講座を開催したり、
保育園に移動図書館車が巡回するなど、様々な取り組みを行っています。
ブックスタートを通じて、各課がつながっていることで、
その後の事業にも広がりが生まれているそうです。
 
「ブックスタートでお会いした親子に再会すると、
“大きくなったね”と、私も思わず笑顔になります。
保護者の育児に寄り添い、子どもの成長を皆で喜びあう。
その原点が、ブックスタートにはあると思います」と横山さん。
これからも、皆さんで協力しながらブックスタートを続けていきたいと、
話してくださいました。
 
続いてのプログラムのテーマは、「ブックスタートを語りあおう」。
今回は、4~5人のグループに分かれて話し合った後、
テーブルを移動し、メンバーの組み合わせを変えて更に話し合う
“ワールド・カフェ”という手法を用いて、お互いの思いや経験を共有しました。
 
 

 
 
「ブックスタート」という同じ活動をしていても、
対象となる赤ちゃんの月齢や出生数、実施機会や関わるスタッフの人数など、
本当に様々です。
そうした皆さんとの出会いを楽しみながら、
どなたも楽しそうに、時には真剣な面持ちで、語り合っていらっしゃいました。
 
最後に皆さんにご記入いただいたアンケートでは、
「たくさん話せて、聴けてよかったです」
「各地で頑張っている方に、元気をいただきました」
「視野が広がりました」といった感想をお寄せいただきました。
 
ブックスタート研修会は来年度も、また別の地域で開催を予定しています。
近隣で開催の際には、是非ご参加ください。

ページトップへ