ブログ

福島県大熊町のブックスタート

福島県大熊町では、2002年度から保健センター、図書館、ボランティアが協力し、 乳幼児健診でブックスタートを行っていました。 しかし、2011年の東日本大震災と原発事故で、町全体が避難を余儀なくされ、 これまで町として行ってきた乳幼児健診が実施できず、 ブックスタートも中断せざるを得なくなっていました。   避難生活が続く中、ふるさとを離れ、慣れない土地で子育てをする保護者からは 「地域に溶け込めない」「同年代の子どもと関わる機会がない」 といった声が、多く聞かれた

ページトップへ