ブログ

和歌山県那智勝浦町 ボランティアさん手作りのボードで絵本を紹介

12月3日、和歌山県那智勝浦町にワークショップに伺いました。

会場に着くと、入り口に可愛らしいボードが飾られていました。
お尋ねすると、どちらもボランティアさんの手作りとのこと。

 


 
黄色のボードは、ブックスタート会場での案内用として、
赤色のボードは、保育所や図書館でおはなし会をする際に、
季節の絵本を紹介するために作成しているものだそうです。
 
今回のテーマは「クリスマスのえほん」。
サンタさんや雪の結晶の飾りが可愛らしく、
おはなし会に参加した方もクリスマス気分が高まりますね。
 
那智勝浦町の図書館では、ボランティアさんによる
赤ちゃん対象のおはなし会「よちよちぶっく」を行っています。
「よちよちぶっく」はブックスタートの時にも案内していて、
実施日をその翌週火曜日に設定しているので、
さっそく参加してくれる親子も多いそうです。
 
こうした日にちの設定や手作りの装飾のひとつひとつに、
赤ちゃんと保護者に対するあたたかい思いが詰まっていました。 (Y)

ページトップへ