ブログ

愛知県岡崎市 ブックスタートの見学に伺いました

9月9日、愛知県岡崎市にブックスタートの見学に伺いました。

岡崎市では、ブックスタートを行っていたポリオの予防接種が
集団から個別での接種に変わったため、
現在は、6か月から1歳6か月の赤ちゃんと保護者を対象に、
図書館で週2日、計3回のブックスタートを実施しています。

また、図書館に来られない方のために、1歳6か月健診でも機会を設けているため、
ひと月に平均18回のブックスタートを行っているそうです。

この活動を、職員と一緒に支えているのが、
約60名のブックスタートボランティアの皆さんです。

当日お会いしたボランティアさんの中には、お子さんとブックスタートを体験し、
その後、ご自分も活動を始めたという方がいらしたのですが、
見学をして、その理由が少しわかったような気がしました。

会場では・・・


 
ボランティアさんが、明るい笑顔で、親子一組ずつに話をしていました。
絵本の読みきかせが始まると、
赤ちゃんを中心にした笑顔の輪が広がり、とても和やかな雰囲気に。
親子もリラックスした様子で、絵本のひとときを楽しんでいるようでした。

また、ブックスタートは、おはなし会の日時など、
地域の子育て支援情報を伝える機会にもなっています。
図書館や子育て支援センターでの赤ちゃん向けおはなし会は、
とても人気があるのだそうです。

岡崎市が保護者に行ったアンケートでは、

「今日初めて読みきかせの時の娘の表情を見ることができてよかった。
 これを機会に読んであげたい。」
「楽しみにしていた。素敵な読みきかせと絵本をもらえて嬉しかった」
「岡崎に来て間もないので、いろいろな情報が聞けてよかった」

などの感想が寄せられたそうです。
(岡崎市「ブックスタート」に関するアンケート調査結果報告書より)

赤ちゃんと保護者のために、
たくさんの方がアイデアを出し合い丁寧に事業を進めていることが、
お話の端々から伝わる、素敵な活動でした。

岡崎市のみなさん、ありがとうございました。(M)

ページトップへ