ブログ

ブックスタートを卒業論文のテーマに

毎年夏から秋にかけて、NPOブックスタートには、
卒業論文でブックスタートを取り上げようという、学生さんからのお問い合わせが増えます。

先日も、自由研究でブックスタートについて調べている小学6年生からメールで質問をお受けしたり、
大学4年生の学生さんがNPOブックスタートの事務所にいらっしゃる、ということがありました。

 

お問い合わせをくださる大学生の皆さんの専攻は、
保育学、児童発達、図書館学、教育学、ジャーナリズム、社会学など、多くの分野に分かれています。

そのため、論文のアプローチも、
親子のコミュニケーション、読書推進、子育て支援、行政と市民の協働、海外との比較など様々です。

 

これから社会のいろいろな分野で活躍したり 子育てをしたりする世代の方々に、
ブックスタートに関心を持っていただくのは、活動の継続にとっても とても大切なことだと思っています。

また、学生さんからの質問をお聞きすることで、情報発信において
どの部分が正確に伝わりづらいのかなどについても考えることができ、
私たちにとっても、今後の広報活動へのヒントを頂く機会になっています。

 

NPOブックスタートでは学生さんの訪問もお受けしています。
ご希望に応じて、実際のブックスタート・パックや、
DVD『ブックスタート しあわせ広げる、愛情ことば。』
見ていただくことができますので、関心がある方はお問い合わせください。(KM)

 

赤ちゃん絵本に囲まれた部屋で、お客様をお迎えしています。

 

 

 

ページトップへ