ブログ

活動10年目を迎えた『栃木県野木町』

4月17日、栃木県野木町にワークショップにうかがいました。

野木町は、書籍『赤ちゃんと絵本をひらくひととき
-ブックスタートはじまりの10年―』
(岩波書店) の冒頭でもご紹介した町です。
ブックスタートに“わらべうた”や“ふれあい遊び”を取り入れ、
会場にはいつも赤ちゃんと保護者、スタッフの皆さんの笑顔が溢れています。

活動10年目を迎えた今年からは、ブックスタートを受けたその場で
図書館貸出カードが作れるようになったそうです。

さらに7月には、これまでも図書館で行っていた乳幼児向けおはなし会に加え、
0歳の赤ちゃんを対象にした『よちよちくらぶ』
(おはなし・わらべうた・手遊びなど楽しむ会)が始まることも教えていただきました。

活動開始から10年、ますますパワーアップする活動の様子に
私も元気をいただいて帰路につきました。

野木町の皆さん、ありがとうございました!(M)

 

図書館の見学をさせていただくと、
おはなしコーナーの窓に鯉のぼりが泳いでいました。

ページトップへ