ブログ

『愛知県田原市』の中央図書館

4月12日、愛知県田原市のワークショップにうかがいました。

田原市は2004年にブックスタートを開始し、今年で9年目。
今回は、新規ボランティア募集に合わせて行う研修会の
第1回講師として、当NPOに声をかけてくださいました。

研修会は3回連続講座で、
第2回は赤ちゃんの話(保健師)とブックスタートの実施方法についてのお話(司書)、
第3回はブックスタートの見学を予定しているそうです。

担当の方から、「0歳児健診でブックスタートを受けたその日のうちに、
図書館に来てくれる親子もいるんですよ!」というお話を伺い、
研修会終了後、中央図書館の見学をさせていただきました。

 

中庭やテラスなども配置され、自然の光や緑の色彩を感じることができる開放的な館内

 

広々した児童コーナーには、自然光が暖かなおはなし会の部屋のほか、
保護者がゆったりと育児書などを見られる小部屋も用意されています。

授乳室やオムツ替え用のベビーシート、貸出用ベビーカーもあり、
子ども連れで利用しやすい環境が整えられていました。

館内の一角には、市内の子育て支援情報を紹介するコーナーも。
保健師さんと協力して情報を伝えているそうです。

 

 

ときどき「赤ちゃん連れでは図書館に行きづらい」という保護者の声を
お聞きすることがありますが、田原市中央図書館では館内を歩くだけで、
「赤ちゃんようこそ!」というメッセージが伝わってくるようでした。

田原市の皆さん、ありがとうございました。(Y)

ページトップへ