ブログ

千葉県千葉市のワークショップ

3月18日、千葉市のワークショップにうかがいました。 政令指定都市の千葉市では、年間に約8500人の赤ちゃんが生まれます。 そのため、2011年8月の開始から今までに、 すでに1万人を超す赤ちゃんに絵本が手渡されています。 とても大きな規模ですが、絵本を手渡すときには、 赤ちゃんと保護者一組一組に、必ず絵本の読みきかせをしているそうです。 その丁寧な活動を支えているのが、“えほんボランティア”の皆さん。 昨年末現在、201名の方が登録しており、 今回のワークショップにも、10

ページトップへ