ブログ

福井県福井市のブックスタートを取材しました。

3月16日、福井県福井市に、ニュースレターの取材にうかがいました。       福井市のブックスタートは、 市内3つの図書館で、それぞれ月に一回設定されている日と、 1歳6か月児健診の会場で行われています。   今回は、午前は市立みどり図書館、 午後は保健センターで行われたブックスタートを取材。   春らしい陽気のこの日は 一日で70数組の親子とおばあちゃんもいらしていました。      図書館でのブックス

兵庫県立図書館主催の研修会に、講師として参加

  2月17日、兵庫県立図書館主催の研修会に、 講師として参加させていただきました。   今回のテーマは、 「ブックスタート~赤ちゃんの笑顔からひろがるまちづくり」。 県内各地の図書館員さんや、 子どもの読書活動に携わるボランティアさん等、約40名が参加されました。         NPOブックスタートによる話のほか、県内での取り組み事例として、 豊岡市、宝塚市、市川町からの活動紹介、 そして、グループワークの時間も

埼玉県北本市 居心地のよい「こども図書館」

  2月2日(木) 埼玉県北本市にワークショップに伺いました。   こども課を事務局に、健康づくり課、子育て支援センター、図書館、生涯学習課、 そして、市民ボランティアが連携しながらブックスタートを行っている北本市。 初年度に絵本を受け取った赤ちゃんは、この春、中学生になるそうです。   2014年、市役所隣に開館したこども図書館が 親子に大変好評だとお聞きし、ワークショップ終了後、見学をさせていただきました。   北本市立こども図書館

新年のご挨拶

あけましておめでとうございます。 当法人は、本日より業務を開始いたします。 2017年が皆様にとって素晴らしい一年になりますように。 今年もどうぞよろしくお願いいたします。 NPOブックスタート職員一同 *写真の木彫りは、当法人事務局長・白井の作品です。

女子美術大学の学生さんに、ブックスタートを紹介しました

11月29日(火) 女子美術大学アート・デザイン表現学科ヒーリング表現領域で学ぶ3年生の皆さんに、 ブックスタートについてお話する機会をいただきました。   2010年に同大学で誕生したヒーリング表現領域では、 アートとデザインの存在が、人々の精神的な癒しに不可欠との前提に立ち、 「ヒーリング」をテーマに様々な形でアートとデザインを展開させる能力を養うことを目指しているそうです。   社会と連携した実践的なプロジェクトも行っており、これまでに、 病院等の医

ブックスタートを取材した小学生からレポートが届きました!

今年の8月に、夏休みの自由研究でブックスタートを取材するために NPOブックスタートの事務所に来てくれた小学生が、 完成したレポートを送ってくれました。 (取材時の様子は、以前ブログでご紹介しています)               スケッチブックまるまる1冊を使ってまとめられたレポートには、 取材を通じて見聞きしたことや感じたことが、生き生きとした言葉で綴られています。 丁寧にまとめた成果が認められ、学年代表作品にも選ばれたそ

大分県日出町 ニュースレターの取材に伺いました

  10月20日、大分県日出町にニュースレターの取材に伺いました。   日出町では、4か月児健診を担当する福祉対策課が事務局となり、 2004年度からブックスタートを行っています。   当日は快晴。健診会場には、あたたかな日差しが差し込んでいました。   計測と問診の間が、ブックスタートの時間です。 ボランティアと図書館職員が事業の説明をし、赤ちゃんの目の前で絵本ひらくと……   赤ちゃんは、優しい声がする方を探すように、時折

ブックスタート研修会in秋田を開催しました!

  10月12日(水)、秋田県生涯学習センターにて ブックスタート研修会in秋田を開催しました。 当日は、図書館・母子保健・子育て関連部署等の自治体職員の方々や ボランティアさんなど、56名の方がご参加くださいました。       【当日のプログラム】 <AM> ・ ブックスタート~15年のあゆみと現在(NPOブックスタート) ・ 事例紹介 秋田県美郷町 <PM> ・ ワークショップ「ブックスタートを語りあおう」   &nbs

福岡県筑後市 ボランティアさんの笑顔が素敵なブックスタート

  8月26日、福岡県筑後市にブックスタートの見学にうかがいました。   筑後市はブックスタートを始めて13年め。 会場では、ボランティアさんが親子への絵本の読みきかせやパックの手渡しを担当し、 図書館職員が、保護者に説明をしながら赤ちゃんの図書館カードをお渡ししています。   今回の見学で特に印象的だったのは、ボランティアの皆さんが、 とても素敵な笑顔で、楽しそうに活動していらしたこと。 そして、会場に来ている親子が、ゆったりくつろいだ様子だっ

自由研究でブックスタートを取材中の小学生が、事務所に来てくれました

8月15日、夏休みの自由研究で ブックスタートを取材している小学6年生が、 お母さんと一緒に、NPOブックスタートの事務所を訪問してくれました。         学校で、下級生に絵本を読む機会があったことや、 自分が赤ちゃんの頃にブックスタートを受けていたことを お母さんから聞いたことなどをきっかけに、今回のテーマを選んだ女の子。   既に、お住まいの市のブックスタートや赤ちゃん向けおはなし会を見学し、 おはなし会では、赤ちゃ

ブックスタート発案者 ウェンディ・クーリングさんが日本の活動を視察しました

7月8日、ブックスタートの発案者であるウェンディ・クーリングさんが 千葉県鎌ケ谷市のブックスタート会場を視察しました。   今回で4回目となる「子ども・社会を考える」講演会シリーズの講師として、 イギリスから来日したクーリングさん。 子どもの本の専門家であるクーリングさんは、大変活動的な方で、 世界各国を訪れていますが、日本にいらしたのは今回が初めてです。   鎌ケ谷市では4か月児健診でブックスタートを行っていますが、 どの赤ちゃんも、ボランティアさんのに

兵庫県芦屋市 ブックスタートの見学に伺いました

5月24日、兵庫県芦屋市にブックスタートの見学に伺いました。   芦屋市では、2010年度より4か月児健診で活動を行っています。 保健師さんは、講話の中でブックスタートについて紹介。 図書館員さんとボランティアさんが、 待ち時間を利用して絵本の読みきかせを行っています。     待合スペースに読みきかせコーナーを設置。 お兄ちゃんお姉ちゃんが一緒に絵本を楽しんでいる様子も見られました。   当日は、職場体験で図書館に来ていた中学生が、会

埼玉県杉戸町 ブックスタートがはじまりました!

この4月にブックスタートを開始した 埼玉県杉戸町から、 町のwebサイトに、 初回のブックスタートの様子が掲載されたことを教えていただきました。 https://www.town.sugito.lg.jp/cms/page9350.html   事業開始に先立ち、関係者の皆さんが集まり、 ワークショップを開催したり、 ボランティアさんどうしで、ブックスタート・パックを手渡す練習をするなど、 丁寧に準備を重ね迎えた、第1回目のブックスタート。   赤ちゃんの

書籍「生きてごらん、大丈夫」でブックスタートが紹介されました

書籍『生きてごらん、大丈夫 子どもと本と、出会いをつむぐ』 (佐々波幸子、かもがわ出版、2016/3)で、ブックスタートを取り上げていただきました。 この書籍は、朝日新聞文化くらし報道部記者の佐々波幸子さんの記事をまとめたもので、 子どもたちに絵本を届ける様々な活動や、多くの作家の方々の言葉が紹介されています。 ブックスタートは、2010年8月の記事の中で、 中学生が参加する愛知県尾張旭市の取り組みを中心に紹介していただきました。 機会がございましたら、是非ご覧ください。

武田信子さん講演会『社会で子どもをはぐくむ』を開催しました。

3月12日(土)大阪市にて、NPOブックスタート主催 「子ども・社会を考える」講演会シリーズの第3回 『社会で子どもをはぐくむ』を開催しました。   当日は晴天。会場の窓からは大阪城が! 講師は、武蔵大学人文学部教授で臨床心理士の武田信子さん。 当日は、関西方面を中心に、 地域で読みきかせや、子育て支援、母子保健等に携わっていらっしゃる 行政職員や市民ボランティア、子育て中の保護者の方など、 様々な背景を持った皆さんがご参加くださいました。    

講演会開催決定! ブックスタート発案者 ウェンディ・クーリングさん(英国)

「子ども・社会を考える」講演会シリーズ(4)の開催が決定しました!   『すべての赤ちゃんに絵本を~英国の「ブックスタート」が世界に広がるまで~』 ウェンディ・クーリング(ブックスタート発案者/絵本コンサルタント)   <日時> 2016年7月9日(土) 13:00~15:50 <会場> 東京大学 伊藤謝恩ホール <主催> NPOブックスタート         今回は、英国から、ブックスタート発案者のウェンディ・クー

北海道三笠市 若者の移住・定住を促進する施策として

北海道のほぼ中央に位置し、豊かな自然に恵まれた三笠市。 かつては炭鉱で栄えていましたが、 現在人口は1万人を切り、昨年の出生数は約40人。 人口減少が大きな課題となっています。   そうした状況の中、市では若者の移住や定住を促進するために、 子育てを応援する様々な施策を行っています。 ブックスタートもそのひとつ。 4か月児健診で、地域のボランティアさんの力も借りながら、 一人ひとりの赤ちゃんに絵本が手渡されています。       &nb

栃木県鹿沼市 図書館でブックスタートの企画展示

栃木県鹿沼市から、図書館で行われた ブックスタートの企画展示の写真を送っていただきました。   様々な年代の方が訪れる図書館。 赤ちゃんのいるご家庭の方以外にもブックスタート事業を お知らせするために企画されたそうです。   図書館員さんの、あたたかな思いが伝わってきますね!(K)  

新年のご挨拶

新年あけましておめでとうございます。 当法人は、本日より業務を開始いたします。 今年も、ブックスタートにまつわる様々な情報をご紹介してまいりますので、 どうぞよろしくお願いいたします。 今年の干支は「猿」。 素敵なご猿(えん)に恵まれますように! (写真の木彫りは、当法人事務局長・白井の作品です。) NPOブックスタート職員一同

石川県能美市 笑顔あふれるブックスタート

12月10日、石川県能美市に伺いブックスタートの様子を見学しました。   能美市では、10か月児相談の際に活動を行っています。 開始前の待ち時間で読みきかせをし、 集団指導終了後、事業の趣旨説明やお渡しする絵本の紹介などを 一組一組の親子に丁寧にしています。         ブックスタートのロゴマーク、ラッコのエプロンをつけた図書館員とボランティアさんは、 どなたも素敵な笑顔の持ち主です。 皆さんが優しく赤ちゃんに語りかけると

北海道恵庭市 ニュースレターの取材に伺いました

12月1日、北海道恵庭市にニュースレターの取材に伺いました。   2001年4月の事業開始から15年目を迎えた恵庭市。 初年度に絵本を受け取った赤ちゃんたちは、現在中学3年生です。 恵庭市の取り組みは、これまでにも 書籍 『赤ちゃんと絵本をひらいたら ブックスタートはじまりの10年』 などで紹介していますが、 会場のあたたかな雰囲気は、今も昔も変わりません。     「ブックスタートが始まって15年といっても、決して長くは感じていなくて、 むしろ

神奈川県茅ケ崎市 赤ちゃんの「お兄ちゃんお姉ちゃん」に向けたプレゼント

1月27日、神奈川県茅ケ崎市にブックスタートの見学に伺いました。   2008年度より7か月児育児相談で活動を行っている茅ケ崎市。 事業開始から丸7年が経過し、ブックスタートを受けるのが、 2回目、3回目という保護者も増えてきています。   当日も赤ちゃんの付き添いで、上のお兄ちゃん、お姉ちゃんが会場に来ていました。 中には、ブックスタートで絵本を受け取ったことのある先輩として、 「これは電車の本だよ」「こっちはおいしいものだよ」 などと、かわいいアドバイ

朝日新聞(2015/11/26朝刊)に掲載された市民の「声」

2015年11月26日(木)、朝日新聞朝刊「声」コーナーに、 山形県にお住まいの方から、「無心な赤ちゃんに涙腺ゆるむ」という題で、 素敵な文章が寄せられていました。   ブックスタートにボランティアとして携わることを検討されたそうですが、 無心な“赤ちゃん”と目があうだけで涙腺がゆるんでしまう。 自分は活動に協力することはできないけれど、 赤ちゃん達が絵本の楽しい時間を過ごせるよう祈っています、 という内容のものでした。   ブックスタートは、全国各地で活

山梨県立図書館に伺いました

11月5日、山梨県立図書館に伺い、館内を見学させていただきました。   2012年に甲府駅前に新築移転した山梨県立図書館。 館内には最新鋭の設備や、交流やイベントの為のスペースなどが整っており、 利用者がそれぞれのニーズにあわせて、ゆったりと過ごすことができます。     児童資料コーナーにある「えほんのかんらんしゃ」は子ども達に大人気!   また、県立図書館では、県内の市町村図書館の司書さんと一緒に 前年に出版された図書から「こどもに

愛知県西尾市 ブックスタートを受けた保護者がボランティアに

10月30日、愛知県西尾市にワークショップに伺いました。   2011年に近隣3町と合併した西尾市。 合併した3町の一つ、旧幡豆町は、 全国に先駆け、2001年4月からブックスタートを開始した自治体の一つです。   ボランティアを主な対象とした今回のワークショップには、 なんと旧幡豆町での事業開始初年度に、保護者として ブックスタート・パックを受け取った方も参加! その時、パックを手渡したボランティアさんもこの場にいらっしゃったため、 15年の時を超えた、

鳥取県境港市 「赤ちゃん登校日」を取材しました

10月26日、鳥取県境港市立外江小学校6年生の授業として行われた 「赤ちゃん登校日」を取材させていただきました。   2002年度から、6か月児健診の際にブックスタートを行う境港市。 現在の小学生は、赤ちゃんの時にブックスタートの対象となった子ども達です。 その子ども達に向けて、小学校では市健康推進課と協力して ユニークな授業を行っています。 その名も「赤ちゃん登校日」。 なんと、小学校にたくさんの赤ちゃん達がやってくるというのです!     &

ブックスタート研修会in静岡を開催しました!

10月19日(月)、ブックスタート研修会in静岡を開催しました。 当日は、自治体職員、ボランティアさんを中心に、81名がご参加くださいました。     午前プログラムでは、三島市・沼津市・浜松市の担当者より それぞれの地域の取り組み事例を紹介。 午後プログラムでは、「ブックスタートを語りあおう」と題し、 グループに分かれた話し合いを行いました。     【事例紹介:静岡県三島市】 三島市立図書館 渡邉基史さん   2002年か

東京都八丈町 ニュースレターの取材に伺いました

10月13日、東京都八丈町にニュースレターの取材に伺いました。   伊豆諸島のひとつ、八丈島にある八丈町。 取材当日は、八丈富士の美しい姿を見ることができました。         ブックスタートは、2か月に一度実施される3~4か月児健診の最後に行われます。 八丈町では、きょうだいが多いご家庭も多く、 ブックスタートの対象となる赤ちゃんが第4子、第5子というケースもあるそうです。 会場には、一緒に健診にやってくる上の子向けの絵本

山口県岩国市 ブックスタートで手渡す「子育て支援情報」

9月2日、山口県岩国市にワークショップに伺いました。   2011年度から1歳6か月児健診でブックスタートを行っている岩国市では、 事業開始当初から、様々なアイデアを持ち寄りながら活動しています。 ※岩国市の活動は事例紹介でご覧いただけます。   今回のワークショップには、新たにボランティアに応募された方が 多数参加されていたため、会場にはブックスタート・パックの内容を 紹介したパネルが飾られていました。       &nbs

山形県新庄市 カヤの木の下でのおはなし会

昨年ワークショップに伺った山形県新庄市から、 図書館のお庭で開催されたおはなし会の写真を送って頂きました。   江戸時代の武家屋敷跡に建つ新庄市立図書館には、 文豪・武者小路実篤も訪れたという立派な日本庭園があり、 樹齢300年以上のカヤの木が、図書館を訪れる子ども達をいつも見守っています。   毎年、この大きなカヤの木の下で行われる 「としょかんサマーフェスティバル」と題したおはなし会は、 子どもたちに大好評のスペシャル企画。 今年も、図書館の読みきかせ

福岡県みやま市 リボンをつけた絵本リスト

有明海に面し、温暖で豊かな自然に恵まれた福岡県みやま市。 市では、これまでも4か月児健診で絵本の紹介などを行ってきましたが、 皆さんの数年来の希望が叶い、今年度に生まれた赤ちゃんから、 ブックスタートとして、絵本を手渡せるようになりました。(2015年9月から事業開始)   ブックスタートの開始にあたり、絵本リストも新たに作成されました。 1冊ずつ、リボンで綴じられたこのリスト。 赤ちゃんの幸せを願う、あたたかな気持ちが伝わってきます。   事務局を担当す

群馬県高崎市 会場での工夫 ~絵本紹介カード~

6月9日、群馬県高崎市にニュースレターの取材に伺いました。   高崎市では、3か月児の股関節脱臼検診に合わせて ブックスタートを実施しています。 今回訪れたのは、市中心部に位置する高崎市総合保健センター。 多い時には100組以上の親子が対象となるこの会場では、 どの方にもゆったり、快適な時間を過ごしてもらえるよう、 スタッフの皆さんが細やかな配慮をしています。     親子をスムーズに案内できるよう、パンダ、リスなど6つのブースを設置。 色とりど

宮城県教育委員会主催 「ブックスタート講座」

5月27日、宮城県教育委員会主催で開催された 「ブックスタート講座」に、講師として伺いました。   当日は、県内各地から、 図書館や子育て支援センター、健康課、社会福祉協議会等の職員の皆さん、 読みきかせボランティアさん等、様々な立場の方々が参加。 NPOブックスタートからは、活動のあゆみや基本情報を紹介しました。         また、宮城県川崎町と石巻市より事例報告がありました。   【宮城県川崎町】 子育て支援

ニュースレターに埼玉県三芳町立図書館長 代田知子さんによる「コラム」を掲載しています

ブックスタートに関する最新情報や全国各地の取り組みを紹介している 『ブックスタート・ニュースレター』(年4回発行)。 中でも、様々な立場の専門家による「コラム」は人気コーナーのひとつです。   2015年度のニュースレターでは、 司書として、児童サービスの経験を豊富にお持ちの、 埼玉県三芳町立図書館 館長 代田知子さんに コラムをご担当いただくことになりました。   第1回目となる、ニュースレター48号には、 ブックスタート立ち上げ当時のエピソードをお寄せ

ブックスタートが15年目を迎えました

2000年の「子ども読書年」をきっかけに、日本に紹介されたブックスタート。 2001年4月に12市町村で始まったこの活動は、 この春、活動開始から15年目を迎えました。   現在、石川県能美市でブックスタートの事務局を担当する 能美市立辰口図書館・柿原真由美さんは、 2001年度、合併前の旧辰口町でもブックスタートを担当されていた方。 異動のため、ブックスタートから離れていた時期もありましたが、 一昨年から再びブックスタートを担当することになりました。  

茨城県土浦市 市イメージキャラクター「つちまる」にブックスタート・パックをプレゼント

2003年度から、10か月児育児相談で ブックスタートを実施している茨城県土浦市。 参加できなかった方には、 1歳6か月児健診でブックスタート・パックを手渡しています。   土浦市には、子ども達に大人気の 市イメージキャラクター「つちまる」がいます。   つちまるは、永遠の1歳6か月児。 つまり、ブックスタートの対象者なのです! そこで、2011年度に行われた図書館まつりでは、 つちまるにも、ブックスタート・パックがプレゼントされました。   &

福島県浪江町 2015年度からブックスタート再開

2008年度から、職員の皆さん、ボランティアさんが協力し、 3か月児健診でブックスタートを行っていた、福島県浪江町。   東日本大震災と原発事故の影響で、町全体が避難を余儀なくされ、 この4年間、ブックスタートも中断せざるを得なくなっていましたが、 2015年度から活動を再開することになったと、 町職員の方からご連絡をいただきました!   しかし、町として乳幼児集団健診を行うことができないため、 福島県内で生活している親子には、保健師さんが各家庭を訪問する

宮城県角田市 ニュースレターの取材に伺いました

2月13日、宮城県角田市にニュースレターの取材に伺いました。   市の東西を山に囲まれ、南北に阿武隈川が流れる角田市は、 おいしいお米と、梅、大豆の名産地。 豊かな自然の中に生まれた子ども達に、 すくすく幸せに育って欲しいという願いのもと、 3~5か月児健診でブックスタートを実施しています。   ブックスタートの事務局を社会福祉協議会が担う角田市では、 活動を通じて、親子と地域をつないでいくことも大切に考えています。 そのため親子には、なるべく同じ地区に暮

富山県舟橋村 カモシカも訪れた! 居心地のよい図書館

2014年4月からブックスタートを開始した富山県舟橋村は、 面積が日本一小さな村です。 富山市内へのアクセスがよく、近年、若い世代も増加しており、 毎年約30人の赤ちゃんが生まれています。   そんな舟橋村には、富山地方鉄道・立山線「越中舟橋駅」の 駅舎に併設、というユニークな図書館があります。 駅の改札口を出るとすぐに図書館があるため、多くの人に利用されています。         木のぬくもりを感じる児童コーナーは、あたたか

子育て支援の専門家 武田信子さんにお話を伺いました

ブックスタート・ニュースレター47号では、 「ブックスタートが親子にとって心地よい場となるように ~スタッフ側が配慮できることを考える~」というテーマで特集を組んでいます。   作成にあたっては、子育て支援の専門家である 武蔵大学人文学部教授の武田信子さんにお話を伺い、 様々なアドバイスをいただきました。   武田さんは、大学で学生を指導されているほか、 臨床心理士として、子育て支援者を対象とした研修会等の講師も、 多く務められています。 カナダとオランダ

福岡県筑後市 児童書コーナーの「絵本カーニバル」

2014年12月19日、福岡県筑後市にワークショップに伺いました。   筑後市のブックスタートは、事業開始から今年で11年。 事務局の図書館を中心に、健康づくり課、 市民ボランティアなどが協力して活動が行われています。   以前、ブログでもご紹介したとおり、 筑後市立図書館では様々な取り組みが行われていますが、 図書館そのものも、楽しく居心地のよい空間になっています。   お伺いした日には、児童書コーナーで「絵本カーニバル」が行われていました。

北海道で開催された研修会に、講師として参加

12月11日、北海道図書館振興協議会(事務局:北海道立図書館)の研修会に 講師として声をかけていただき、北海道に伺いました。   会場の江差町は、北海道の南西部、渡島半島の日本海側に位置する港町。 函館空港から雪景色を眺めつつバスに揺られて、2時間程で到着です。   日本の都道府県の中で、最も面積が広く、市町村数も多い北海道。 ブックスタートを実施している市町村の数も多く、 子どもの読書に関して熱心に活動されている方も大勢いらっしゃいます。 しかし、広域で

大阪府豊中市 外国にルーツをもつ親子も、大歓迎な図書館

11月28日、大阪府豊中市にニュースレターの取材に伺いました。   豊中市のブックスタートの事務局は、市立図書館。 4か月児健診で保健センター、ボランティアと協力しながら活動を行っていますが、 図書館ではその他にも、親子に向けた様々な取り組みを行っています。   その一つが、「おやこでにほんご」。 これは、市の国際交流協会が主催するもので、図書館を会場に行われています。 子育て中の外国人女性が、子どもと一緒に参加して、日本語を学べる場なのですが、 この会で

台湾からのお客さま

11月21日、NPOブックスタートの事務所に、 台湾からお客さまがいらっしゃいました。   訪問してくださったのは、台北市の大学で、乳幼児保育を教えている邱先生。 台北市のブックスタートにも携わっている方です。 今回は、日本の活動について詳しく知りたいということで、 児童書の出版社の方と一緒に来てくださいました。         台湾では、日本のような形で赤ちゃんの集団健診が行われていないため、 ブックスタートは主に図書館で行

福岡県添田町 ワークショップに伺いました

10月29日、福岡県添田町にワークショップに伺いました。   実は、当初は1週間前の10月22日に開催予定でしたが、 当日、北九州空港に向かう飛行機に機材トラブルが発生し、 滋賀県上空で、羽田空港にまさかの引き返し! 急遽、日程変更していただくことになったのです。 空港まで1時間かけて迎えにきてくださった図書館長さんを始め、 皆さまにご迷惑をお掛けしてしまい、本当に申し訳ありませんでした。   2002年からブックスタートを開始した添田町。 事業開始当時は

福岡県筑後市 中高生がブックスタートに参加

福岡県筑後市から、中学生・高校生が ブックスタートに参加した様子の写真を送っていただきました。   筑後市立図書館では、「YAなるには講座」と題して、 中学生・高校生を対象に、警察官・消防士・パティシエなど、 様々な職業の方を講師として招き、 実際の仕事の内容や、その仕事に就くために、どのような勉強をしたのかなどを、 その道のプロフェッショナルから話してもらう講座を開催しています。   その一環として、将来、保育士や保健師、司書を目指す中高生が、 4か月児

活動開始から10年 茨城県東海村のブックスタート

今年でブックスタート開始から10年を迎えた、茨城県東海村から、 活動を支えるスタッフの皆さんの写真と、 保健センターで行った記念展示の様子を送って頂きました。       中庭に面したガラス戸に、赤ちゃんのかわいらしい写真が飾られました。   東海村のブックスタートでは、村に生まれた赤ちゃん一人ひとりを、 図書館・保健年金課・社会福祉課の職員の皆さん、 そして約20名のボランティアさんが協力しながら迎えます。   初めての子育

タイ農村部で子ども図書館を運営する堀内佳美さん

10月20日、タイ北部の農村、チェンマイ県プラオ郡を中心に、 子どもたちのために図書館などを運営する 堀内佳美さんが、NPOブックスタートの事務所を訪問してくれました。   「本をツールに、人と社会をつないでいきたい」という思いのもとに 2010年からタイで活動している堀内さん。 幼い頃に視力を失いましたが、それを全く感じさせない程、 とても行動的で魅力的な女性です!   ↓↓堀内さんの活動について詳しくはこちら http://www.alwaysread

長崎県雲仙市 ニュースレターの取材に伺いました

10月3日、長崎県雲仙市にニュースレターの取材に伺いました。   雲仙普賢岳をとりまくように位置する雲仙市では、 3~4か月の赤ちゃんを対象とした 「赤ちゃん健康相談」でブックスタートを行っています。   こうした保健事業は、保護者のアクセスを考え、市内4会場で実施されますが、 今回はそのうちの一つ、サッカーの強豪校として知られる国見高校の所在地、 国見地区の会場に伺いました。     駅のホームにあったサッカーボールのモニュメント。

ブックスタート研修会in岡山を開催しました!

9月25日(木)、 ブックスタート研修会in岡山「出会う・つながる・語りあう」を開催しました。   会場は、烏城といわれる岡山城にほど近い、岡山県立図書館。 本研修会は、その開館10周年を記念する協賛事業の一つとして開催しました。 当日は、県内のみならず、鳥取県、香川県などの県外からも、 たくさんの方がご参加くださいました。         プログラムでは、プロローグとして、 NPOブックスタートよりブックスタートに関する基本

福島県大熊町のブックスタート

福島県大熊町では、2002年度から保健センター、図書館、ボランティアが協力し、 乳幼児健診でブックスタートを行っていました。 しかし、2011年の東日本大震災と原発事故で、町全体が避難を余儀なくされ、 これまで町として行ってきた乳幼児健診が実施できず、 ブックスタートも中断せざるを得なくなっていました。   避難生活が続く中、ふるさとを離れ、慣れない土地で子育てをする保護者からは 「地域に溶け込めない」「同年代の子どもと関わる機会がない」 といった声が、多く聞かれた

「世界のバリアフリー絵本展」に行ってきました

8月14日、国際子ども図書館(東京・上野)で開催中の、 「世界のバリアフリー絵本展」を見に行ってきました。           ※「バリアフリー絵本」とは・・・ 絵本を読む・見る・理解する・めくるなど、絵本を楽しむことに バリアがある人たちが楽しめるよう、それを取り除いた絵本、 またはそのバリアを理解し、環境や配慮を整えることを目的に作られた絵本。 (『絵本の事典』 朝倉書店、2011年、p325より)   この展示

福島県教育委員会主催の研修会に、講師として参加

8月7日、福島県教育委員会主催の研修会に講師として声をかけていただき、 福島県福島市に伺いました。   今回の研修会の対象は、 県内各地で子どもの読書活動に携わる、 市町村職員や学校の先生、市民の皆さん。   2日間にわたる研修会では、 おはなし会のプログラムの組み方やわらべうた、 中高生向けの本について等、様々なテーマの講義が行われます。 その一コマとして、NPOブックスタートからは ブックスタートの理念や、実際の活動の様子などをご紹介しました。 &nb

榊原洋一さん講演会『赤ちゃん~ゆりかごの中の科学者~』を開催しました

7月14日(月)、愛知県・名古屋市青少年文化センターにて、 NPOブックスタート主催 「子ども・社会を考える」講演会シリーズVol.2 『赤ちゃん~ゆりかごの中の科学者~』を開催しました。   当日は、梅雨明けが待ち遠しく感じられる、蒸し暑い陽気の中、 愛知県や、近隣の岐阜県、静岡県、三重県を中心に、 各地域で読みきかせや、子育て支援、母子保健に携わっていらっしゃる ボランティアさんや行政の方など、たくさんの方がご参加くださいました。     &

山形県新庄市 8月からの実施にむけて、ただいま準備中!

6月30日、山形県新庄市にワークショップにうかがいました。   新庄市では毎年8月、江戸中期から続く「新庄まつり」が盛大に行われ、 まちは大勢の人で賑わうそうです。 そんなお祭りの余韻が残る8月の終わりに、新庄市のブックスタート事業は始まります。     駅には祭りの主役、華やかな山車が飾られていました。   ブックスタートを実施するのは、 これまでも絵本の読みきかせを行っていた4か月児健診。 活動に携わる皆さんの10年越しの願いが叶い

東京都国立市 緑豊かな公園にある「赤ちゃんウェルカム」な図書館

6月20日、東京都国立市にワークショップにうかがいました。   8月から、3~4か月児健診でブックスタートを開始する国立市。 今回は、ボランティアや職員の皆さんで 活動への思いを共有したいということで、ワークショップのご依頼を頂きました。   ワークショップの会場は、閑静な住宅街の公園の一角に位置する、 くにたち中央図書館。 豊かな緑に囲まれたこの図書館は、 「たくさんの子ども達にも来館してもらいたい」というコンセプトで建てられたそうです。  

授業を通じて、ブックスタートに関心を寄せてくれた大学生

6月18日、法政大学の学生さん4名が、先生と一緒に事務所を訪問してくれました。   学生の皆さんは「社会教育演習」という授業で、生涯学習について学ぶ中で、 ブックスタートに関心を寄せてくださったとのこと。 大学がNPOブックスタートの事務所と近いこともあり、足を運んでくれました。   ブックスタートは、各地域で、様々な立場の人たちが、 「赤ちゃんの幸せ」のために知恵を出し合い、手間をかけて行う活動ですが、 中には200人以上のボランティアさんが活躍する地域

兵庫県豊岡市 近隣3市町との交流会

6月9日、兵庫県豊岡市にワークショップに伺いました。   豊岡市でブックスタートが始まったのは2002年。 開始当初から活動しているベテランのボランティアさんも、 たくさんいらっしゃる地域です。      会場の豊岡市立図書館     今回のワークショップには、豊岡市からの呼びかけで、 朝来市、新温泉町、京都府京丹後市の方々も参加。 会場には、各市町で親子に手渡している資料や絵本が展示されました。    

福島県二本松市 ニュースレターの取材に伺いました

5月28日、福島県二本松市にニュースレターの取材に伺いました。   二本松市では子育て支援課が中心となり、2010年からブックスタートを実施しています。 取材当日、会場には赤ちゃんとお母さん、おじいちゃんでいらしているご家族が。 実は、このおじいちゃん、ブックスタートの開始当時に、 子育て支援課の職員だった方なのです!   「取材があるとは聞いていたんだけど…」と少し照れながら、 お孫さんを紹介してくださいました。 お孫さんをみつめる横顔は、優しさで満ちあ

愛知県の中学生が事務所を訪問してくれました

5月20日、愛知県の中学3年生5名が、修学旅行のレポート作成のため、 NPOブックスタートの事務所を訪問してくれました。         3泊4日の修学旅行では、毎日、都内の企業や団体を2-3件訪問し、 レポートにまとめる予定とのこと。 そのテーマのひとつとして、ブックスタートに興味を持ったのだそうです。   普段、赤ちゃんと接する機会はほとんどないということだったので、 DVDやスライドを使って、ブックスタート会場での一日の

佐賀県武雄市 ワークショップにうかがいました

5月15日、佐賀県武雄市にワークショップにうかがいました。   会場は、美しい新緑に囲まれた武雄市立図書館です。 昨年リニューアルされた図書館にはこの日もたくさんの方が訪れ、 赤ちゃん連れの親子も、何組もお見かけしました。      優しい光が差しこむ絵本コーナー     武雄市でブックスタートが始まったのは2002年。 今回は、改めて初心に立ち帰る機会にとワークショップのご依頼をいただきました。 NPOブックスタートから活動

ブックスタートが全国の5割の自治体に広がりました。

2001年4月に12市町村で開始したブックスタート事業。   活動の輪は年々広がり、2014年4月末現在、 876市区町村になりました(NPOブックスタート調べ)。 現在、全国の市区町村数は1741ですので、 半数を超える地域でブックスタート事業が行われていることになります。   香川県宇多津町も、今年度新たにブックスタートを開始した地域のひとつ。 宇多津町は香川県で最も面積の小さい町ですが、 人口増加率は県内1位! 毎年約230人の赤ちゃんが誕生していま

徳島県上板町 笑顔が素敵なボランティアのみなさん

4月25日、徳島県上板町にワークショップにうかがいました。   上板町は和三盆の産地としても有名な、緑豊かな町です。 以前、ニュースレターでも活動の様子をご紹介しましたが、 町に生まれる約100人の赤ちゃんのために、ボランティアのみなさんが中心となって 様々な子育て支援活動を行っています。     初夏のような陽気。新緑がまぶしいほどでした。   今回のワークショップには、上板町からの呼びかけで鳴門市のボランティアさんも参加。 ボランテ

北海道根室市 「パパ・ママのための子育て本コーナー」

北海道根室市図書館から、子育て支援コーナーの 写真を送っていただきました。   ブックスタート開始から5年目を迎えた根室市。 おむつ替えのコーナーやベビーカーなども用意され、 赤ちゃん連れでゆっくり過ごせる図書館には、 毎日たくさんの親子が来館しています。 そんな親子で賑わう図書館の、おすすめ絵本コーナーすぐそばに 「パパ・ママのための子育て本コーナー」が新設されたそうです。 絵本を探しにきた方が必ず目にするこのコーナーには、 手遊びや絵本のガイドブック、お父さん向

栃木県野木町 ボランティア紹介DVDを図書館で貸出

4月16日、栃木県野木町にワークショップにうかがいました。 野木町には、ニュースレターの取材等で、 これまでにも何度かうかがっていますが、 いつも皆さんが素敵な笑顔で迎えてくださいます。   ワークショップ後、見学させていただいた図書館では、 館内のあちらこちらでブックスタートの広報が目に留まりました。 貸出カウンターには、活動の様子を紹介したパネルと 「野木町立図書館のブックスタートボランティア紹介DVDあります!」との案内が。     このD

親子に手渡される、地域の資料をご紹介します!

NPOブックスタートでは、昨年の8月から9月にかけて、 ブックスタート実施自治体を対象にアンケート調査を行いました。 その際、各地域で作成している、親子向けの資料もたくさんお送り頂きました。 その中から、アイデアや工夫がいっぱいの資料をご紹介します。   ■クマが飛び出す手作りのカード(兵庫県市川町) 事業の趣旨や手渡す絵本を紹介する、手作りのカード。 ブックスタートを行う7~8か月児育児相談前の、3~4か月児健診で、 事前案内として配布しています。開くと、かわいい

北海道猿払村 日本最北の村の、あたたかい手作り資料

北海道猿払村から、ブックスタート等で親子に手渡している たくさんの資料を送っていただきました! 写真はその一部ですが、どの資料もカラフルにデザインされ、 思わず手に取って見たくなる可愛らしさです。 左手前の「子育てわくわくカレンダー」は、昨年度から配布しはじめた資料とのこと。 中を開くと・・・、月ごとのカレンダーに、 子育て支援センターの様々なイベントや、乳児健診・ブックスタートの日程、 各地区をまわる移動広場(親子交流の場)の予定など、 子育てに関する毎日の催しが、一目でわ

岐阜県関市 テラスで読書ができる、緑に囲まれた図書館

3月14日、岐阜県関市にワークショップにうかがいました。 最寄りの関市役所前駅までは、美濃太田から私鉄に乗り換えて20分。 当日はお天気も良かったので、のどかな田園風景の中を 赤い可愛らしい電車で向かう道のりは、心がほっこりするひとときでした。     関市は、活動開始から11年。 今回は、ブックスタートの基本を改めて振り返り、 活動をより充実させていく機会にと、ご依頼をいただきました。 会場には、ブックスタートで使っているエプロンや敷物、絵本のほか、 N

『母の友』4月号で ブックスタートが紹介されました

『母の友』(月刊・福音館書店)4月号の、 「特集1 子どもがはじめてであう絵本」の中で、ブックスタートを取り上げていただきました。 英国での発案のきっかけや、活動の理念、日本での広がりなど、 3ページにわたって紹介されています。機会がございましたら、是非ご覧ください!  

富山県魚津市 ニュースレターの取材に伺いました

3月6日、富山県魚津市に、ニュースレターの取材に伺いました。 魚津市のブックスタートは、4か月児健診の受付後の待ち時間に行われます。 健診の受付が済むと、黄色いエプロンを付けたボランティアさんが 親子をブックスタートに案内してくれます。 受付では、ブックスタートの説明や保護者との会話のヒントにもなるよう、 第1子と第2子以降で異なる色の番号バッジを用意する という工夫もされていました。     ブックスタートが始まると、会場中に保護者と赤ちゃんの笑顔が広が

長崎県雲仙市 広報誌でブックスタートを紹介

2月27日、長崎県雲仙市にワークショップにうかがいました。 今回は、合併後の新・雲仙市として事業の開始から8年目を迎え、 今後の活動を改めて考える機会にと、ワークショップのご依頼をいただきました。   会場最寄りの愛野駅。 その名にぴったりの可愛らしい外観で、観光スポットにもなっているそうです。   雲仙市では、毎月4会場で行われる3~4か月児対象の赤ちゃん健康相談で ブックスタートを実施していますが、普段は会場ごとに活動しているため、 全員が集まる機会は

群馬県桐生市  『おめでとう』の気持ちを込めたお名前カード

2月19日、群馬県桐生市にワークショップにうかがいました。 当日はボランティアさんを中心に約30名が参加。 ワークショップ後にはボランティアさんの総会が行われ、 私も参加させていただきました。     その際に教えていただいたのが、桐生市オリジナルの 『7か月健診おめでとうございます』カードです。   以前、ボランティアさんたちは、 担当する赤ちゃんのお名前を聞いても忘れてしまうことがあり、 お名前を聞き返すのが申し訳ないと感じていたそうです。

谷川俊太郎さん講演会 『赤ちゃん・絵本・ことば』を開催しました

2月16日(日)、東京・津田ホールにて、NPOブックスタート主催 「子ども・社会を考える」講演会シリーズVol.1 谷川俊太郎『赤ちゃん・絵本・ことば』を開催しました。   前々日に降った大雪の影響による交通機関の乱れなどから、 残念ながら当日お越しになれなかった方もいらっしゃいましたが、 関東近郊の方を中心に、北は岩手県、南は鹿児島県から、 行政の方、絵本に関するボランティア活動をされている方、 出版社の方、研究者、学生さん、一般の方など、たくさんの方がご参加くだ

茨城県鉾田市 ボランティア同士で意見交換

2月6日、茨城県鉾田市にワークショップに伺いました。 温和な気候と肥沃な土地に恵まれた鉾田市は、 メロン・みず菜・さつまいもなどの産出額が全国一位! 農業が盛んなお土地柄なのだそうです。   今回のワークショップは、 すでに活動に携わっているボランティアの方が対象ということで 親子への対応や日頃活動の中で感じていることなどについても みんなで意見交換を行いました。   「活動に携わった最初の頃は、 赤ちゃんが読みきかせにどんな反応を示してくれるか少し不安で

京都府立図書館の研修会に 講師として参加

2月4日、京都府立図書館主催の研修会に講師として声をかけていただき、 京都府京丹後市に伺いました。   前日までの春を思わせる陽気から一転、当日は大変冷え込みましたが、 雪が舞い散る中、約20名の図書館・図書室職員の皆さんがお集まりくださいました。   NPOブックスタートからは、ブックスタートや、各地のフォローアップ活動等について紹介。 また、親子をあたたかく迎えるための工夫等について、皆さんと意見交換もさせていただきました。      &nb

茨城県日立市 赤ちゃんとゆったり過ごせる、船がモチーフの図書館

1月27日、茨城県日立市にワークショップにうかがいました。   会場となった南部図書館は、日立市で4番目の図書館として 昨年4月にオープンしたばかり。 『くつろぎ ふれあい 楽しむ 図書館』を整備コンセプトに 幅広い年齢層の方が気軽に利用できる空間が作られ、 赤ちゃん連れの方が利用しやすい環境も整っています。   館内には、流しやポットもある授乳室、おむつ交換台のほか、 フィッティングボードも設置。 着替えをする機会が多いお子さん連れの方も、安心して利用す

新潟県長岡市 図書館だよりでブックスタートを特集

昨年11月にブックスタートの開始から10年を迎えた長岡市から、 これまでの歩みを特集した図書館だよりを送っていただきました。   長岡市は、事業開始当初、男女共同参画の視点から 『企画課』が中心となり、ブックスタート事業を行っていました。 こうした視点は当時とても新鮮で、私たちNPOブックスタートも取材に伺い、 ニュースレター等でその事例を全国の皆さんにご紹介しました。   2007年からは、担当課が子ども家庭課となり、 和やかなブックスタートのひとときを

北海道稚内市 ブックスタートの感想文を募集

北海道稚内市から、 市立図書館の新館開設とブックスタート事業開始10周年を記念して、 感想文を募集したというお話を伺いました。   応募の対象は、事業が始まった10年前から現在までに、 ブックスタートを体験した保護者の方。 こうした取り組みは、全国的にみても珍しいのではないでしょうか。 私たちも、送っていただいた冊子(入賞作品が掲載)をさっそく興味深く拝読しました。   掲載されていた3作品には、絵本を通した、保護者ご自身が幼いころの家族との思い出や お子

埼玉県宮代町 ボランティアの思いも紹介した企画展示

新年あけましておめでとうございます。 2014年最初のスタッフブログは、 昨年秋に行われた、埼玉県宮代町の10周年記念展示をご紹介します。   以前のブログでもご紹介しましたが、 宮代町ではたくさんのボランティアさんが携わり、 細やかな気配りと素敵な笑顔で、ブックスタートに参加する親子を迎えています。   そこで今回の企画展示では、ボランティアさんにアンケートを取り、 活動を始めたきっかけや印象的だった出来事、親子へのメッセージなどを寄せてもらい、 ボラン

広島県尾道市 赤ちゃんの様子を見てもらうために ひと工夫

12月16日・17日、広島県尾道市にワークショップにうかがいました。 尾道市は、数々の映画や文学の舞台にもなっていますが、 坂と階段が続く石畳の街並みは雰囲気があり、とても素敵でした。     さて、今回のワークショップは、市内に多くの島があることから、 尾道会場と因島会場の2か所で行われました。 尾道市ブックスタートの特徴のひとつは、親子1組に2名のスタッフ (民生委員・児童委員、保育や読みきかせのボランティアさん等)が 対応していることです。 一人が絵

福岡県筑豊地区 5つの自治体が集まり情報交換

  12月6日、福岡県嘉麻市で開催された 「筑豊地区ブックスタート交流会」に伺いました。 この交流会は、筑豊地区の自治体が、 活動について振り返ったり情報交換をしたりすることで、 各地の活動を更に充実させようと、昨年から始まりました。   当日の参加者は、嘉麻市・川崎町・飯塚市・桂川町・福智町の 行政職員やボランティアさんなど約50名。 8つのグループに分かれて行われた意見交換では、 ブックスタートをしていて「よかったこと」「困ったこと」が自由に話し合われ

和歌山県那智勝浦町 ボランティアさん手作りのボードで絵本を紹介

12月3日、和歌山県那智勝浦町にワークショップに伺いました。 会場に着くと、入り口に可愛らしいボードが飾られていました。 お尋ねすると、どちらもボランティアさんの手作りとのこと。     黄色のボードは、ブックスタート会場での案内用として、 赤色のボードは、保育所や図書館でおはなし会をする際に、 季節の絵本を紹介するために作成しているものだそうです。   今回のテーマは「クリスマスのえほん」。 サンタさんや雪の結晶の飾りが可愛らしく、 おはなし会

滋賀県長浜市 人と人がつながりあう図書館

11月27日、滋賀県長浜市にワークショップに伺いました。 長浜市は、江戸時代にタイムスリップしたような北国街道など、 歴史的な建物や街並みが残る素敵なまちです。     ブックスタート開始から9年が経ち、 今回は、活動をさらに充実させるためのステップアップ研修として ワークショップのご依頼をいただきました。 ご参加くださった図書館職員とボランティアの皆さんからは、 事前にたくさんのご質問をいただき、ブックスタートに関わる全員が 高い意識をもって活動を進めて

山形県寒河江市 図書館での赤ちゃん抱っこサービス

11月26日、山形県寒河江市にニュースレターの取材で伺いました。   寒河江市のブックスタートは3か月児健診で行われていますが、 健診会場に伺う前に、図書館を見学させていただきました。   取材当日は火曜日。児童書コーナーには、 たくさんの親子が訪れていました。 というのは・・・   図書館では毎週火曜日の午前中を「親子で絵本を楽しむ日」とし、 おそろいのエプロンをつけたボランティアさんが、 絵本の相談にのったり、読みきかせをしてくれます。 &n

兵庫県 「子ども読書活動推進フォーラム」の 展示コーナーに出展

  10月27日、兵庫県教育委員会が主催する 「ひょうご子ども読書活動推進フォーラム」の 地区別フォーラムに参加しました。   兵庫県内の各地で開催されるこのフォーラムでは、 “ビブリオバトル”に関する講義や実戦のほか、 ボランティア団体による絵本の読みきかせやストーリーテリング、 大型絵本・紙芝居の実演を体験できるプログラムがあり、 この日も、参加した親子が楽しんでいました。   また、「子ども読書ボランティア等の活動紹介コーナー」もあり、 当

石川県白山市 可愛らしい飾り付けの、ブックスタート企画展示

白山市から、図書館で行ったブックスタートの企画展示の写真を 送っていただきました。 展示では、事業の説明のほか、ブックスタート会場の写真や ボランティアさんの声なども紹介されています。 可愛らしくカラフルに飾り付けされ、思わず足を止めたくなる展示コーナーですね。     会場となった白山市立松任図書館は、1階が一般開架コーナー、 2階が子ども図書館と児童館になっていますが、 今回の展示は、その1階正面入り口で行ったため、 子育て世代以外の方にも事業を知って

活動5年目の『福井県あわら市』 ワークショップに伺いました

10月2日、北陸有数の温泉のまちとして知られる 福井県あわら市に、ワークショップに伺いました。    「芦屋温泉」駅の改札を抜けると、温泉のまちらしい飾りがありました。   あわら市がブックスタートを開始したのは2009年7月。 開始前には、その時すでに活動していた福井市を、 図書館とボランティアさんで見学したり 福井市立図書館の方を講師に招いて研修をしたりと、 丁寧に準備を進めたそうです。 今回は、改めて活動の理念を共有するためのワークショップを、 とい

長野県安曇野市 ニュースレターの取材に伺いました

10月1日、長野県安曇野市に、ニュースレターの取材に伺いました。 当日は気持ちの良い快晴。 会場の穂高保健センターからは、北アルプスの山々がすぐ近くに見えました。     安曇野市のブックスタートは、4か月健診の待ち時間に行われます。 待合スペースは、大きな窓からの採光が良く、ぽかぽかとした明るい雰囲気です。 会場の一角には赤ちゃん絵本が並べられ、 待ち時間に、自由に楽しめるようになっていました。     今回のブックスタートは、兄姉が

静岡県函南町  太陽のぬくもりを感じる『こども図書館』

9月27日、この12月からブックスタートを開始する予定の 静岡県函南町に、ワークショップに伺いました。 函南町では今年の春、住民のみなさんが長年待ち望んでいた 町立図書館が開館したばかりだとお聞きし、 ワークショップ後に見学をさせていただきました。 複合施設の1・2階にある図書館は、1階部分が『こども図書館』になっています。 まわりを田畑に囲まれた館内には、やさしい自然光が差し込み、 太陽のぬくもりを感じる居心地の良い空間でした。 床暖房付きの広々としたキッズルームもあり、

愛知県岡崎市 ブックスタートの見学に伺いました

9月9日、愛知県岡崎市にブックスタートの見学に伺いました。 岡崎市では、ブックスタートを行っていたポリオの予防接種が 集団から個別での接種に変わったため、 現在は、6か月から1歳6か月の赤ちゃんと保護者を対象に、 図書館で週2日、計3回のブックスタートを実施しています。 また、図書館に来られない方のために、1歳6か月健診でも機会を設けているため、 ひと月に平均18回のブックスタートを行っているそうです。 この活動を、職員と一緒に支えているのが、 約60名のブックスタートボラン

三重県の小学6年生が、ブックスタートを自由研究のテーマに

この夏、三重県菰野町の小学6年生の女の子が、 自由研究でブックスタートについて調べているとのことで 何度か問い合わせをしてくれました。 そして先日、完成したレポートの写真を送ってくれました!     ※本人とお母様に承諾をいただき、掲載しています。     レポートの作成にあたっては、NPOブックスタートの他、 菰野町のこども家庭課や図書館、ブックスタートボランティアさんに取材し、 実際のブックスタート会場の見学もしたそうです。 &nb

福岡県柳川市 10周年を迎えたブックスタートを広報誌で特集

柳川市の担当の方から、事業開始10周年を機に、 より多くの市民にブックスタートについて知ってもらおうと 市の広報誌で特集を組んだことを教えていただきました。 ブックスタート当日のあたたかい雰囲気が伝わる写真と一緒に、 ボランティアや保護者のコメントも掲載されています。 記事は市のウェブサイトで読むことができますので、是非ご覧ください。 (Y) 広報やながわ8月1日号(表紙) 広報やながわ8月1日号(P2-3 ブックスタート10周年)   広報やながわ8月1日号より

山形県寒河江市 高校生がブックスタートに参加

山形県寒河江市では、地元の高校生が、 3か月児健診にあわせて行われる「赤ちゃんふれあい体験学習」の一環で、 ブックスタートにも参加しているそうです。 その様子が、先日、市報の表紙になったことを教えていただきました。   市報さがえ 2013年8月5日号より   全国的にも、中高生が、職場体験やふれあい学習の一環で ブックスタートに参加する取り組みは増えています。 こうした取り組みを通して、 普段は赤ちゃんと触れる機会の少ない世代の皆さんが、 未来の子育てや

ブックスタートを卒業論文のテーマに

毎年夏から秋にかけて、NPOブックスタートには、 卒業論文でブックスタートを取り上げようという、学生さんからのお問い合わせが増えます。 先日も、自由研究でブックスタートについて調べている小学6年生からメールで質問をお受けしたり、 大学4年生の学生さんがNPOブックスタートの事務所にいらっしゃる、ということがありました。   お問い合わせをくださる大学生の皆さんの専攻は、 保育学、児童発達、図書館学、教育学、ジャーナリズム、社会学など、多くの分野に分かれています。 そ

岐阜県美濃加茂市 外国語を話す親子に向けた取り組み

  7月16日、岐阜県美濃加茂市にワークショップにうかがいました。 美濃加茂市は、江戸時代に京と江戸を結んだ五街道のひとつ、 中山道の太田宿があった、歴史あるまちです。 現在も本陣の門が残っているなど、街並みに当時の面影が感じられます。   また、人口の一割近くが外国の方という多文化共生の地でもあり、 市ではそうした方々に向けた様々な取り組みを行っています。 ワークショップの後に案内していただいた市立図書館でも、 外国語の書籍・児童書・絵本が書棚に揃えられ

ブックスタート研修会in山形を開催しました!

7月11日(木)の午後、山形県生涯学習センター遊学館にて、 ブックスタート研修会in山形を開催しました。 県内だけでなく県外からも多くのお申込みをいただき、 当日は、図書館・保健関連部署・子育て関連部署等の行政職員の方々、 また、ボランティアさんなどの一般の方々、あわせて85名がご参加くださいました。   プログラムでは、まずNPOブックスタートの職員から、 赤ちゃんとの絵本の時間やブックスタートの理念やあゆみなどを、 全国各地の事例とともにお話しさせていただきまし

埼玉県宮代町 会場で赤ちゃんの図書館カードを作成

6月27日、活動開始から10年目を迎えた埼玉県宮代町に、 ワークショップとブックスタートの見学に伺いました。 宮代町は、町内に広大な動物園(東武動物公園)があり、 緑豊かでとても素敵な町です。 今回は、図書館とボランティアの皆さんで、 改めて活動の理念を共有したいとのことでワークショップのご依頼をいただき、 活動のあゆみや理念など、基本的な事柄を中心にお話させていただきました。   宮代町の皆さん   ワークショップ後には、保健センターで、ブックスタートの

東京都の自然豊かな島 八丈町でのワークショップ

6月22日、来年度からのブックスタート実施に向け準備を進めていらっしゃる 東京都八丈町に、ワークショップに伺いました。 伊豆諸島のひとつ、八丈島にある八丈町へのアクセスは、 東京・浜松町にある竹芝桟橋からの船便(10時間)か、 羽田空港からの飛行機(55分)です。 台風が接近していたため、無事に伺えるか心配だったのですが、 当日は晴天に恵まれました。   道端にハイビスカスが咲き、南国ムードいっぱいです   今回のワークショップは、市民団体「よりよい図書館

京都府宇治市 保健師さんが事務局のブックスタート

6月19日、京都府宇治市で、ニュースレターの事例紹介 「行ってきました!」の取材をさせていただきました。 宇治市では、健診を担当する保健推進課が事務局となり、 親子の愛着形成や保護者の育児支援といった視点から 活動に取り組んでいらっしゃいます。   ブックスタートは、3か月児健診の中で、 ボランティアと図書館の方々が待ち時間に絵本を読み、 保健師さんが育児相談の際に絵本を手渡す、 という役割分担で行われています。   そんな、宇治市の健診会場には 保健師さ

静岡県御殿場市 地元のフリーペーパーで活動を紹介

御殿場市立図書館さんから、地元のフリーペーパー『micri(ミクリ)』で、 連載コーナーを担当しているというお話を伺いました。 その記念すべき第一回目となる2013.Summer号では、 ブックスタートで活躍するボランティアさんの声が紹介されています。     今年で活動10年目となる御殿場市。ボランティアさんの活動の様子は、 当NPOウェブサイト掲載のニュースレター23号(2009年1月発行)でも ご紹介していますので、是非ご覧ください。  (Y) &n

北海道岩見沢市 図書館員さん手作りの“みるきぃルーム”

  5月27日、北海道岩見沢市にワークショップに伺いました。     岩見沢市では7月からブックスタートが始まります。 開始に合わせてボランティアさんを募集したところ、市民から70名以上の応募があったそうです。 今回のワークショップには、図書館とボランティアさんのほか、 事業で連携する保健師さんや子ども課の職員の方もあわせ、80名を超える方がご参加くださいました。   ワークショップ終了後には、ボランティアさんと一緒に図書館の見学をさせ

群馬県前橋市 『保健推進員さんの研修会』に約500人が参加

5月17日、前橋市保健推進員さんの総会 兼 研修会に 講師として声をかけていただき、お伺いしました。 推進員の皆さんは、生後4か月までの赤ちゃんがいる家庭の全戸訪問をする 『こんにちは赤ちゃん事業』で、ブックスタートの案内をされています。 ※保健推進員とは(前橋市ウェブサイトより) 前橋市から委嘱を受け地域の子育て支援者として、乳幼児健診や健康相談等に協力しています。 地域の皆さんと保健センターとのパイプ役として、ご心配がある場合は保健師につなげます。   &nbs

茨城県牛久市 10周年のあゆみをまとめた『展示』でPR

茨城県牛久市は、ブックスタートの開始から今年で10周年を迎えました。 5月12日に開催された「こどもとしょかんまつり」では、 10周年の特別企画として絵本作家の とよたかずひこ さんの記念講演が行われ、 赤ちゃんから大人まで90名の方が参加して大盛況だったそうです。 会場の壁には牛久市ブックスタートのあゆみを展示して 事業のPRを行ったとのことで、そのときの写真を送ってくださいました。 活動のあゆみや図書館における子育て支援について、 ブックスタート会場の様子などが、カラフル

目の見えない人と見える人が 一緒に楽しめる絵本を製作 『てんやく絵本 ふれあい文庫』

ブックスタートの対象者の中には、障がいのある方もいます。 そのためNPOブックスタートでは、障がいのある方への対応を考えていくために、 様々な分野の方にお話を伺っています。   その取り組みのひとつとして、5月9日(木) 大阪にある 『てんやく絵本 ふれあい文庫』 さんに、職員2名が伺いました。     ふれあい文庫さんは、視覚に障がいがある方のために「てんやく絵本」を製作し 無料貸し出しを行っているNPO法人で、目の見えない人が見える人とともに

東京都北区の「赤ちゃん絵本サロン」「わらべうたサロン」「子育てガーデン」

以前、ニュースレターの事例紹介でもご紹介した東京都北区では、 “北区図書館活動区民の会”の皆さんが、 ブックスタートやフォローアップ活動で活躍しています。 その皆さんによる様々な取り組みの様子が、 北区の図書館だより 『ぽけっと5月号』 で紹介されています。 赤ちゃん絵本サロン(絵本)、わらべうたサロン(わらべうた) 子育てガーデン(おはなしと音楽)と、楽しいイベントがたくさんです。 北区のウェブサイトに掲載されていますので、是非ご覧ください。(M) *写真から会場の賑やかな

『英国ブックスタート』からのプレゼント

今回は、英国ブックスタートの推進団体からいただいた 「絵」 と 「ぬいぐるみ」をご紹介します。     昨年8月にロンドンで開催された 『英国ブックスタート20周年 パネルディスカッション』に 職員がパネリストとして参加した際に、プレゼントしていただきました。 *パネルディスカッションの様子は、ニュースレター39号でご紹介しています。 絵は、イラストレーターで作家のPenny Dale さんによるもので、 Pennyさんの作品 『The Boy on th

活動10年目を迎えた『栃木県野木町』

4月17日、栃木県野木町にワークショップにうかがいました。 野木町は、書籍『赤ちゃんと絵本をひらくひととき -ブックスタートはじまりの10年―』(岩波書店) の冒頭でもご紹介した町です。 ブックスタートに“わらべうた”や“ふれあい遊び”を取り入れ、 会場にはいつも赤ちゃんと保護者、スタッフの皆さんの笑顔が溢れています。 活動10年目を迎えた今年からは、ブックスタートを受けたその場で 図書館貸出カードが作れるようになったそうです。 さらに7月には、これまでも図書館で行っていた乳

『愛知県田原市』の中央図書館

4月12日、愛知県田原市のワークショップにうかがいました。 田原市は2004年にブックスタートを開始し、今年で9年目。 今回は、新規ボランティア募集に合わせて行う研修会の 第1回講師として、当NPOに声をかけてくださいました。 研修会は3回連続講座で、 第2回は赤ちゃんの話(保健師)とブックスタートの実施方法についてのお話(司書)、 第3回はブックスタートの見学を予定しているそうです。 担当の方から、「0歳児健診でブックスタートを受けたその日のうちに、 図書館に来てくれる親子

富士山を望むまち 『静岡県富士市』

4月5日、ブックスタートを実施して10年目となる、静岡県富士市のワークショップにうかがいました。 富士市では、ブックスタートの開始以来、 新しく活動を始めるボランティアさん向けの研修会を、毎年続けてこられましたが、 今回は10年の節目ということもあり、市内4館の図書館職員や 長年活動しているボランティアさんも対象とした、関係者全体の研修会が開催されました。 研修会では、当NPOのワークショップのほか、保健師さんによる赤ちゃんの発達に関するお話や、 図書館職員さんによるブックス

18地域を訪問しました(2月・3月)

年度末は、毎年ワークショップのご依頼が多い時期です。 2月・3月は、ワークショップと取材で、次の18地域を訪問しました。 【2月】 東京都練馬区(3日)  千葉県柏市(7日)  児童図書館研究会全国学習会<埼玉>(10日) 埼玉県北本市(15日)  埼玉県新座市(19日)  神奈川県茅ケ崎市・静岡県三島市(22日) 埼玉県上尾市(26日)  福岡県大野城市(28日) 【3月】 福島県二本松市(4日)  山口県岩国市(13日)  埼玉県加須市・熊本県菊池市(15日) 千葉県千葉

諭吉・官兵衛・からあげ で有名な『大分県中津市』

3月25日、大分県中津市のワークショップにうかがいました。 中津市は、福澤諭吉が幼少期を過ごした町で、 来年の大河ドラマ「黒田官兵衛」の舞台としても注目が高まっています。   ↑中津駅を降りると、そこここに諭吉さんや官兵衛さんが   ブックスタートは、2013年度に開始する予定で、準備をすすめていらっしゃいます。 今回のワークショップは、事業開始前ということで、 ブックスタートのあゆみや理念といった基本的な情報や、他地域の事例、 絵本を楽しむ赤ちゃんの様子

千葉県千葉市のワークショップ

3月18日、千葉市のワークショップにうかがいました。 政令指定都市の千葉市では、年間に約8500人の赤ちゃんが生まれます。 そのため、2011年8月の開始から今までに、 すでに1万人を超す赤ちゃんに絵本が手渡されています。 とても大きな規模ですが、絵本を手渡すときには、 赤ちゃんと保護者一組一組に、必ず絵本の読みきかせをしているそうです。 その丁寧な活動を支えているのが、“えほんボランティア”の皆さん。 昨年末現在、201名の方が登録しており、 今回のワークショップにも、10

広島県廿日市市の広報誌でブックスタートを特集

2011年6月のニュースレターで、活動をご紹介した広島県廿日市市。 その際も、市の広報誌でブックスタート事業が特集されたことをお伝えしましたが、 先日発行された最新号でも、再び特集が組まれたことを教えていただきました。   市が事業に込める思いや、ボランティアさんの声、保護者の感想などが、 4ページにわたって紹介されています。 ボランティアさんたちのインタビューでは親子を見守る優しいまなざしが伝わり、 拝読している私たちも、あたたかい気持ちになりました。 そして、パ

熊本県菊池市のワークショップ

3月15日、熊本県菊池市のワークショップにうかがいました。 会場となった泗水図書館は、昨年7月の豪雨で被害を受け、 約3か月の間、休館していたそうです。 今回のワークショップでは、 菊池市のブックスタート事業が開始から約10年経ったこと、 また、図書館の再開後、初心にかえって改めてスタートをしたいとの思いで、 当NPOに声をかけてくださいました。   当日は、菊池市の職員やボランティアさんのほか、 普段から図書館どうしで交流しているという近隣6自治体の皆さんも含め、

山口県岩国市でニュースレターの取材

3月13日、山口県岩国市で、ニュースレターの事例紹介 「行ってきました!」の取材をさせていただきました。   岩国市のブックスタートの会場は、保健センターのロビーです。 準備の様子を拝見していると、職員とボランティアの皆さんが、 テキパキと赤ちゃん絵本コーナーを作ったり飾り付けをしたり・・・ 普段はシンプルな待ち合いスペースが、あっという間に、 ブックスタート用の優しい雰囲気のスペースになっていました。     岩国市さんの活動については、201

福岡県大野城市の「大野ジョー」くん

2月28日、福岡県大野城市にワークショップにうかがいました。 大野城市では、来年度からの事業実施に向け、 ボランティアさんの募集やワークショップの開催など、準備を進めていらっしゃいます。 昨日はボランティアさんを中心に約70名の方々がご参加くださり、 地元ケーブルテレビの方も取材に来られていました。   帰り際、大野城市のキャラクター「大野ジョー」くんのステッカーを お土産にいただきました。   12歳のジョーくんは、大野城市と特別史跡大野城をPRするため

静岡県三島市のワークショップ

2月22日(金)、静岡県三島市にうかがいました。 三島市は、2002年にブックスタートを開始した活動10年目の地域で、 これまでにも何度かワークショプのご依頼をいただいています。     今回は新しいボランティアさんのための研修とのことで、約30名の方が参加され、 ブックスタートのあゆみや理念など、基本的な事柄を中心にお話ししました。 三島市近隣で、ブックスタートを実施・実施予定の3つの自治体からも、 担当の方がご参加くださり、ブックスタートやフォローアッ

2月21日にラジオ(FM FUJI)出演させていただきます

当NPOの職員が、FM FUJIさんの番組『GOOD DAY』に 出演させていただくことになりました。 DJの吉田美穂さんは、先日刊行したDVD『ブックスタート しあわせ広げる、愛情ことば。』で ナレーションを担当してくださった方で、そのご縁でお話をいただきました。 お時間は5分ほどですので、ブックスタートや赤ちゃんとの絵本の時間について、 内容を絞ってご紹介します。 山梨県近郊にお住いの皆様、よろしければ是非お聞きください!(MK) <放送予定> FM FUJI (TOKY

練馬区の10周年記念イベントに参加させていただきました

2月3日、練馬区のブックスタート10周年を記念して行われたイベントに、 当NPO職員がパネリストとして参加させていただきました。     パネルディスカッションでは、赤ちゃんとの絵本の時間や、 行政とボランティアが協働して活動を行うことの意味などについて話し合われました。 また、活動のあゆみや保護者の声、10周年をお祝いする飾り付けなど、 心のこもった手作りの展示コーナーもあり、たくさんの方でにぎわっていました。     とても貴重な機

5地域にワークショップにうかがいました(1月)

2013年1月は、次の地域にワークショップにうかがいました。 茨城県日立市(16日) 埼玉県加須市(18日) 愛知県安城市(23日) 埼玉県新座市(25日) 群馬県桐生市(30日) 30日の桐生市のワークショップには、 ブックスタートのボランティアとして活動されている方やこれから活動してみたいという方など、 約30名の方がご参加くださり、NPOブックスタートから、 ブックスタートのあゆみや地域の事例などをご紹介させていただきました。 また、当日は、図書館で職場体験中の中学生が

ブログを始めました

NPOブックスタート職員によるブログを始めました。 当NPOの活動紹介やブックスタート実施地域の情報、 海外での活動の広がりなどをお伝えしますので、是非ご覧ください。 また、ブログ記事は随時フェイスブックページに連動します。 フェイスブックのアカウントをお持ちの方は、 よろしければ「いいね!」ボタンでリアルタイムにご覧ください。

ページトップへ