大切な5つのポイント

「ブックスタートの大切な5つのポイントは、英国から引き継いだ活動の理念と、日本各地の実践の中で大切にされてきたことをまとめたものです。 活動に取り組む全国の自治体は、この5つのポイントを共有し、事業を行っています。

目的

赤ちゃんと保護者が、絵本を介してゆっくり心ふれあうひとときを持つ、きっかけをつくります

絵本は、赤ちゃんに優しく語りかけ共に過ごす時間を、ごく自然に作り出します。赤ちゃんとの絵本の時間は、「読む(read books)」のではなく「分かち合う(share books)」だと考えています。
※ブックスタートは早期教育の活動ではありません。

対象

活動を行う市区町村に生まれた、すべての赤ちゃんとその保護者が対象です

保護者の中には、絵本にもともと関心がある方も、そうでない方もいます。ブックスタートは、赤ちゃんの生まれた環境にかかわらず、 大好きな人と絵本を開くきっかけをすべての赤ちゃんと保護者のもとへ届けます。

機会

すべての赤ちゃんと出会える、0歳児集団健診などで行われます

多くの自治体では、すべての赤ちゃんに出会うため、受診率が高い0歳児集団健診でブックスタートを実施しています。 健診を集団で行っていない自治体では、他の保健事業や子育て支援事業などの機会に実施されています。

方法

絵本を開く楽しい体験といっしょにあたたかなメッセージを伝え、絵本を手渡します

ブックスタートでは、絵本をただ配るのではなく、一組ずつの赤ちゃんと保護者に、絵本を開く時間の楽しさをその場で体験してもらいます。実際の体験が、家庭でもまた絵本を開いてみようという何よりのきっかけになります。 また、絵本をプレゼントすることで、家庭ですぐに絵本を楽しむ機会を持つことができます。

体制

市区町村単位の活動として、様々な分野の人が連携して実施します 特定の個人や団体の宣伝・営利・政治活動が目的ではありません

図書館・保健センター・子育て支援課・住民ボランティアなど様々な分野の人たちがアイデアを出し合い、 協力して事業を進めることが、活動の充実や継続につながっています。

ブックスタートとは

  • ブックスタートとは
  • ブックスタートの願い
  • ブックスタートのあゆみ
  • 大切な5つのポイント
  • 実施会場の一日
  • 実施自治体一覧
ページトップへ