実施会場の一日

全国の実施自治体では、様々な工夫をしながら、ブックスタートを実施しています。その一例をご紹介します。

会場の準備

ミーティング

  開始前のミーティング。行政職員とボランティアで、当日の連絡事項を確認します。

会場

  楽しくあたたかい雰囲気で対象者を迎えるため、やわらかいマットを敷いたり、手作りの飾りつけをする地域も。

ブックスタートパック

  対象者全員分のブックスタート・パック。準備が整って、いよいよブックスタートの始まりです!

矢印

ブックスタート

赤ちゃんと絵本
赤ちゃんと絵本
赤ちゃんと絵本

  パックを手渡すときには、その場で絵本を開き、実際に、赤ちゃんとの絵本のひとときを保護者に体験してもらいます。 赤ちゃんの可愛らしい様子に笑顔が広がります

  •   図書館員・保健師・ボランティアなどが、赤ちゃんと保護者1組1組に向き合って、ブックスタート・パックを手渡します。

  •   ブックスタートは、図書館のおはなし会や、子育て支援施設の催しなど、子育てに役立つ地域の情報を伝える機会にもなっています。

矢印

会場でのひとコマ

ボランティア

  「かわいいわね~」と赤ちゃんを抱っこするボランティアさん。お母さんも嬉しそう。会場での地域の人とのふれあいも、ブックスタートの特徴のひとつです。

保護者同士の交流

  和やかな雰囲気のブックスタート会場では、保護者どうしの交流が自然に始まることも。

待合いスペース

  待ち合いスペースに、図書館から持参した様々な絵本や子育ての本を並べ、待ち時間に気軽に手に取れるようにしたり、会場で貸し出しをしている地域もあります。

矢印

ブックスタート終了後

スタッフ

  スタッフどうしで、一日を振り返ります。良かった点や気づいた点を共有し、次回の活動に活かします。

ブックスタートとは

  • ブックスタートとは
  • ブックスタートの願い
  • ブックスタートのあゆみ
  • 大切な5つのポイント
  • 実施会場の一日
  • 実施自治体一覧
ページトップへ